オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忘れられがちなベランダ防水のメンテナンスについてご紹介します


最近よく屋根工事や外壁塗装工事と一緒にベランダの防水工事を
施工して頂くお客様が多いので今日はベランダやバルコニーの
防水工事についてご紹介したいと思います

ベランダやバルコニーの劣化は外から見てわからない分、
あまり気にしていないという方もいらっしゃると思います。

しかし劣化を放置していると雨漏りしてしまい、
建物の内部にまで二次被害を招くこともありますので
これを機に一度、うちは大丈夫かな?と考えて頂ければ幸いです


ベランダやバルコニー防水はなぜ必要か

ベランダ防水とはベランダの床面を雨や紫外線から守るために、
防水加工をすることです。

ベランダ防水が機能していないと、ベランダの下地に雨水が侵入し、
雨漏りしてしまうこともあります。

また定期的なメンテナンスをすることで、メンテナンス費用を抑えることもできるので
メンテナンスサインについて考えていきたいと思います。

以下のようなサインがない場合でも、早めのメンテナンスで建物の寿命をのばすことにも
繋がりますので、屋根や外壁のご相談と一緒に専門家にみていただくことを
オススメ致します


ベランダの劣化症状1.剥がれ・ひび割れ

b7d5e42ab5e8a46a7ea0b7c1bcb7c982-e1607582415470
ベランダの性能を失ってしまっていた施工前の写真です。

この写真ではわかりにくいと思いますが、
ベランダやバルコニーは紫外線や雨を受けて
経年とともに劣化していきます。

その結果、ひび割れや剥がれなどの症状が現れます。

早期に対応すれば表面のトップコートの塗り替えだけで補修費用も安価で出来ます。

しかしこのまま放置し続けると、その劣化してしまった部分から雨水が侵入し、
雨漏りが発生してしまうこともあります。

そうなるとトップコートの下の防水層まで補修しなけばいけないので
費用もかかってしまうのです。。



ベランダの劣化症状2.水が溜まる

ベランダの床面は見た目からはわかりにくいですが排水口に雨水が流れるように
傾斜になっています。

ベランダに水が溜まるということはなんらかの原因で
うまく傾斜になっていないことが考えられます。

この場合、床面に溜まった雨水が劣化の原因になることもありますので
専門家に点検して頂くことをオススメします。

防水層の下地から補修をする必要があるかもしれないからです。
ウレタン防水したベランダ
簡単にメンテナンスサインをご紹介しましたが
いかがでしたでしょうか?

このようにピカピカに生まれ変わったベランダは
すごく気持ちがいいですよね

雨漏りなどの心配もなくなります

大事なお住まいと長く付き合うためにも
ベランダの様子もたまには気にしてみてください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223