オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ベランダやバルコニーの防水工事はなぜ必要なのでしょうか?


皆さん、こんにちは
~街の屋根やさん神戸西店です~

桜が咲き、暖かい日も増えてきましたね

最近は台風が来る前に屋根の点検をしておきたいというご相談を
ちらほら頂きます

屋根の点検の際に外壁やベランダの状態など全体的に点検させて頂き、
お客様に状態をお伝えするのですが
意外とベランダの床表面に関心がある方は少ないです

ベランダ床にもメンテナンスや補修が必要な場合がありますので
これをきっかけにチェックして頂ければ幸いです

ベランダやバルコニーの防水とは

べらんだFRP防水施工後の写真
ベランダやバルコニーの床面の構造は、
下地の上にまず「防水層」があります。
その防水層を保護するように塗っているのが「トップコート」です。


防水層にはFRP防水やウレタン放水・合成ゴムや塩化ビニール樹脂の防水シートを
貼る工法などがあります。

防水層の耐用年数は10数年と言われています。
ベランダを雨水や紫外線から守ってくれていますので、
経年とともに劣化していきます。

トップコートの耐用年数は5年ほどで塗装するのが良いと言われています。
防水層を保護してくれているトップコートは劣化もしやすいので
気を付けておきたいところです



補修やメンテナンスが必要な状態って?

既存のベランダ床の様子
トップコートの表面の色あせ
→この時点でメンテナンスすればトップコートの機能(保護)が
 なくなってしまっているだけなので塗り替えですむことも

ひび割れ・剥がれ・膨れなど
→トップコートだけに生じているのが防水層まで劣化が進んでいるのか
 専門家に見てもらい早めの対処をオススメします。
 下地の工事まで必要になると補修費用が高くなってしまうことも。。

ベランダやバルコニーに水が溜まる・水はけが悪い
→排水口に葉っぱやゴミが溜まっている。
 床面の防水機能が低下している。
 ベランダやバルコニーの勾配に問題がある。
などが考えられます。
この場合、ご自分で排水口の掃除をして雨水の流れを見ることは出来ますが、
専門家にみてもらいまず原因をつきとめるのがいいかもしれません。

雨漏りしてしまった
→これが1番避けたいことです!
 雨漏りしてしまうと建物自体を支えている内部にまで錆や腐食が進んでしまい、
 二次被害を招くことも。。
 雨漏りしてしまったら早急に業者にみてもらいましょう



トップコートの塗り替え

ベランダ防水の仕上がった様子
床面のグレーの塗料がトップコートです。

よく目にするのあこのグレーのトップコートですが
他にもカラーバリエーションがあります。

トップコートには新築時なんかによく使われる「ポリエステル系
防水リフォームによく使われる「ウレタン系」があります。

ポリエステル系は素材自体が硬いので劣化による割れが生じやすい
と言われています。重ね塗りには向いていないので
リフォームにはあまり使われません

反対にウレタン系はどんな下地でもほぼ対応できるので
リフォーム時に使用されることが多いです。

ポリエステル系に比べると伸縮性があるので
割れが生じる可能性は少ないです。

まとめ

ベランダやバルコニーの防水の構造について
書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

屋根のメンテナンスや点検のついでに見て下さい!でも
ご相談はお受けいたしますのでお気軽にご連絡くださいね

街の屋根やさん神戸西店

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223