オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

デザインアンテナのメリット・デメリットをご存知ですか?


今日はデザインアンテナのメリットとデメリットについてお伝えしたいと思います。

弊社では最近、デザインアンテナの施工依頼が増えています

これから戸建てに住まわれるお客様もアンテナ修理をお考えのお客様にも
参考にしていただければ嬉しいです


倒壊したテレビアンテナの様子
アンテナと言われて思い浮かぶのは魚の骨みたいな形のものが
屋根にのっかっているのをイメージされる方が多いと思います。

このアンテナは八木式アンテナと言います

八木式アンテナは電波の受信感度もよくデザインアンテナに比べると費用は安く
少し前までアンテナといえばこのイメージだったと思います。

しかしながら、八木式アンテナは台風や雨、雪などの影響を受けて
とんでしまったり、傾いてしまったり、破損して屋根を傷つけてしまったり・・と
設置後の補修費用を考えるとどうなんでしょうか??

デザインアンテナも1つの選択肢として知っていただければと思います

デザインアンテナのメリット・デメリット

デザインアンテナの写真
デザインアンテナとは地デジを見るためのアンテナで
この写真の長方形の白い箱のような形をしたコンパクトなデザインです。

モダンな印象で屋根工事をし綺麗になった屋根を傷めたくないと
このアンテナに替えられたお客様もいらっしゃいます

少し前までは電波の受信感度が弱いとも言われていましたが、
最近では改善されてきています。

というのも設置環境や設置場所、電波塔との距離などによりますので
快適にテレビが見れているお客様もいれば、ブースターが必要なお客様、
まず設置ができない環境のお客様もいるのでお住まいによって様々です

デザインアンテナのメリット

デザインがシンプルですっきりしている

色を選べるので設置場所に馴染みやすい

耐久性があり、天候(風や雪など)の影響を受けにくい

屋根上以外に設置できるので屋根の傷みを防ぐことができる

デザインアンテナのデメリット

アンテナ本体の値段は八木式アンテナに比べると高い

壁面に穴を開けて取り付ける場合がある

電波受信環境や立地を選ぶ・向きの調整が必要である

受信環境が弱い場合がある(壁面やベランダなど)
→屋根の頂上に近いほうがよいと言われている





デザインアンテナの設置できる場所

壁面
壁に穴を開けてビスで直接取り付けます。
そのため風で傾いたりする心配もなく、強度が高い

屋根
屋根の上への設置・・電波受信の観点でいうと良い思われるかもしれませんが
雨や風・雪などの影響を受け、破損する可能性もあるので向きません。。
屋根裏への設置・・建物の外観に影響しないのが良い点ですが
電波をちゃんと受信できるか、設置スペースはあるか確認が必要です。
またトタンやガルバリウムの金属の屋根材を使っている場合は
電波を通しにくいので設置できない場合があります。

ベランダ
ベランダの手すりの強度がしっかりしていれば
専用の金具で固定し、設置します。屋根に比べ低い場所に設置する為、
電波の受信に問題ないか確認する必要があります。

まとめ

デザインアンテナのメリット・デメリットにつづき
設置できる場所の紹介をさせて頂きました

デザインアンテナをお考えの際は、失敗しないためにも
設置の環境や電波の受信感度など専門家にみてもらうのが1番です。

お気軽にご相談くださいね
街の屋根やさん神戸西店

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223