オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根材の下に使われるルーフィングシートはとても重要です


皆さん、こんにちは
~街の屋根やさん神戸西店です~

今回は屋根からの雨漏り対策に重要なルーフィングシートについて
ご紹介していきたいと思います

建物を雨水から守ってくれるのが屋根ですよね。

その屋根材や板金仕上げ材で建物内部に雨水が侵入しないように
なっています。

しかしながら、それだけでは防ぎきれない雨や
屋根材や板金仕上げ部分が破損し、内部に侵入してくる雨水から
屋根内部に雨漏りするのを防いでくれるのがルーフィングシートなんです

そのルーフィングシートが破損したり劣化しているとどうなるでしょうか?

建物内部にまで雨漏りしてしまい、大変なことになってしまいます。。
なのでルーフィングシートはとても重要な役割を果たしています

ルーフィングシートとは?

防水シートを貼った様子
ルーフィングシートとは屋根材の下に敷いている防水シートのことです。
「下葺き材」とも呼ばれ、屋根材の下にあることから
目にすることが出来ないため、なかなか気にされる方はいらっしゃいません。
屋根のリフォームをされたり、新築で屋根が出来ていく過程で見るぐらいしか
見る機会はないんですよね。。

しかしこのルーフィングシートは大切なお住まいを守るために
屋根からの雨漏りを防ぐ大切な役割をするものなので
この機会に知って頂ければと思います

アスファルトルーフィング

アスファルトルーフィング
ルーフィングシートの主な原料は
「アスファルト」で耐水性のある板紙に
アスファルトを染み込ませた防水シートです。

アスファルトルーフィング
「アスファルトルーフィング」と呼ばれ
張り付け後10年ほどで劣化してくると
言われています。
新築住宅などに使われ、
グレードでいえば低い製品です。

ゴムアスファルトルーフィング

防水シートを貼り終わった様子
アスファルトの他に合成ゴムや合成樹脂を加え改良されたルーフィングシートです。

「改良アスファルト」や「ゴムアスルーフィング」などと呼ばれています。
温度変化に強く、耐久性が高いため寿命は20年以上だと言われています。



まとめ

ルーフィングシートは屋根材を貼ってしまうと
目視で状態を確認できないので、
雨漏りしてしまってからルーフィングシートが破れていた、
劣化していたとわかる場合が多いです。

メンテナンスが難しいので出来るだけ長い寿命のルーフィングシートがいいですね

だからと言って耐久性が高い、高価なルーフィングシートがいい
という訳ではありません

お客様のお住まいの屋根材にあったご提案をさせて頂きますので
屋根に関するお困りごとは街の屋根やさん神戸西店までご相談下さい
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223