オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の軒・ケラバ・破風板もそれぞれご紹介します。


軒先・軒

軒の写真
軒とは屋根の先端で、一番低い場所のことです。玄関や窓、外壁よりも出っぱっている部分です。その先端を軒先と呼びます。金属屋根の軒先では、軒先役物とよばれる軒先板金が取り付けられます。
軒は建物自体を雨の吹き込みから守り、日当たりの調整もしてくれています。軒がないと、台風やゲリラ豪雨の時に窓や外壁に雨水が直撃してしまい、思わぬ雨漏りの原因になることも考えられます。

軒天

軒先の裏側、地上から見上げると軒先の天井部分をさし、軒先天井・軒裏天井とも呼ばれます。屋根の構造部材の垂木や野地板を隠すための小さな穴の開いたボードです。軒先裏から雨が侵入しない目的もあります。
主にケイカル板が用いられ、雨風の影響で剥がれたり、捲れたりすることもあります。また鳥の巣が作られたり、カビが発生することもありますので定期的なメンテナンスが必要です
雨がしみ込んだ軒天の様子
弊社にご相談頂いたお客様の軒天写真です。雨が染み込んでしまってますね。。このままではカビの発生につながってしまいます
軒天にはられているボード
これは写真が暗くてわかりづらいですが軒天のボードの写真です。見にくいですが小さな穴があいています。

ケラバ

ケラバ板金の様子
ケラバとは妻側(屋根の雨樋がない)にある端の部分のことです。軒と同じ様な役割で窓への雨の吹き込みや日当たりの調整をしてくれます。これはケラバ板金を施工した写真です。

破風板(はふいた)

破風板板金の仕上がりの様子
破風(はふ)とは妻側の端の斜め部分のことを指します。屋根部材の端部を隠すための板を破風板(はふいた)といいます。建物の顔になる部分とも言われています。
元々木製品が使われますが、最近では窯業製品が使われています。前回のコラムで登場したガルバリウム鋼板はここでも使われています。
破風板は元々、屋根裏への風の侵入を防ぐための板として取り付けられていました。また建物への雨の吹き込みを防ぎ、下地の腐食を防いでくれる役割もあります。ただ自然災害や雨風による影響を受けやすいので定期的がメンテナンスが必要です。
腐食したり傷んでいる破風板をそのままにしておくと落下したり、台風や強風で飛ばされてしまい二次被害につながってしまうかもしれません。そうなってしまう前にも、点検をおすすめいたします

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223