オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

屋根の専門用語がわからない!写真で屋根の各部位をご紹介します


ガルテクトを葺いた屋根
皆さん、こんにちは
~街の屋根やさん神戸西店です~

ゴールデンウイークに突入しましたが
新型ウイルスもおさまることなく
3度目の緊急事態宣言中ということもあり
ステイホームやテレワークされている方も多いと思います。

私もその一人でございます

今日は屋根業者の話や
見積書に並べられる屋根の部位の名前について
ご紹介していきたいと思います

棟(大棟・主棟)・換気棟

棟・大棟
屋根の一番てっぺんにある水平な部位を
棟・大棟・主棟と言います。

屋根の一番てっぺん部分ということもあり
強風などの影響を受けやすく
台風などの際に浮いてしまった
飛んでしまったというご相談をよく頂きます。
換気棟
これが換気棟とよばれ、取り付けている
お家はまだまだ少ないですが
屋根裏にこもった熱気や湿気を
排出してくれます。
換気棟は雨漏りが侵入しない構造に
なっていますが雨仕舞いがちゃんと
できていないと雨漏りしてしまうことも。
経験豊富な職人に施工してもらうことが
大事ですね

隅・谷

隅棟
屋根面と屋根面の取り合い部分にあるのが
隅(隅棟)です。

てっぺんの大棟(主棟)から軒先に向かって
おりてきている棟です。
谷
屋根面と屋根面とのつなぎ目の部分で
谷になっているところが『谷』です。

屋根面に降った雨水が集まって流れる部分なので
雨漏りがしやすい場所と言われています。

雨押さえ

雨押え
外壁と屋根の取り合い部分につけられている板を
雨押え(雨仕舞い)と言います。

雨水が侵入するのを防ぐ大切な役割をしています。

ひと昔前までは木材が使われていましたが、
近年ではガルバリウム鋼板が使われています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

見積り提案時によく出る部位について
紹介させて頂きました。

そのほかにもなかなか普段耳にすることがなく、
わからないこともあると思います。

お客様にご納得いただくまで、ご説明させて頂きますので
ご不安なことがありましたらなんでもご相談下さいね

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223