オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

神戸市西区でシャッターボックスから雨漏り発生!雨漏り点検で原因を突き止めます


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。
今日は神戸市西区でシャッターボックスからの雨漏り点検を行い原因を突き止めた様子をご紹介していきたいと思います。

<建物情報>
・2階建て木造住宅
・外部に電動シャッターあり
・築年数25年(過去にリフォーム経験あり)

<お問合せ内容>
・自宅に取り付けている駐車場の電動シャッターが雨漏りにより故障しました。モーターは専門業者に修理してもらったのですが、シャッターボックスからの雨漏り修理はできなかったためどのような修理方法があるか、原因を突き止め雨漏り点検してほしいです

このようなお問合せを頂いたので、街の屋根屋さん神戸西店が現場に急行しました。


神戸市西区の雨漏りしているシャッターボックスの外観です

シャッターボックスを外から見た様子
シャッターボックスからの雨漏り原因を突き止めるため、地元である神戸市西区にやってきました。これは雨漏り点検するシャッターボックスの外観です。

電動シャッターのモーターが故障すると高額な費用が掛かるみたいなので、何としても雨漏りの原因を突き止め最適なメンテナンス方法を御提案したいと思います。
シャッターボックスを内側から見た様子
シャッターボックスを内側から見た様子です。

シャッターボックスは板金で覆われており、経年劣化のせいか多少の色あせは見受けられますが目立った外傷はありませんでした。長年の経験から雨漏りの原因はシャッターボックスの天板にあると考えられます。

天板の様子は下から確認できない為、上に昇って雨漏り点検をさせてもらうようお客様に説明し雨漏りの原因を1つずつ点検していきます。

神戸市西区の雨漏り点検でシャッターボックスの点検口を見ていきます

点検口の中の様子
シャッターボックスの天板に昇る前に、点検口から中の様子を確認させていただきました。

点検口を開けると修理墨のモーターが入っており、中に水が溜まっている様子もありません。しかし、シャッターボックスを覆っている板金の内側に何か所か錆が出ているのを目視できたため、漏水しているのは間違いなさそうです。

錆は放置しているとそのうち穴が開いてしまうので早めのメンテナンスをお勧めします。屋根や外壁に使用されている板金も同じことが言えるので、適切なメンテナンスをご検討くださいね(=^・^=)

シャッターボックスに昇り雨漏りの原因を調べていきます

シャッターボックスの天板の様子
神戸市西区の雨漏り点検で、シャッターボックスの天板に昇ってきました。

天板は錆びは出ていないものの、既存の塗膜が経年劣化により薄れてきています。色あせを解決するには再塗装が適していますが、今回の雨漏りの原因とは関係ないため雨漏り修理からは除外してもいいでしょう。

屋根や外壁に金属を使用されている方は15年に1度くらい、塗装メンテナンスをご検討くださいね!!

シャッターボックス天板のジョイント部分
シャッターボックス天板に設けられているジョイント部分の様子です。

今回、神戸市西区で雨漏り点検したシャッターボックスの間口は約6mありこのようなジョイントが2か所設けられていました。雨漏りする可能性が非常に高いと考えられる部分です。

皆さんも1度、雨漏りする前に点検をご検討してみてくださいね(=^・^=)

天板のジョイント部分にできた隙間
シャッターボックス天板のジョイント部分に5ミリ程度のすき間ができていることが分かりました。

【ジョイントに隙間ができる原因】
・太陽熱による板金の伸縮
・中に挟み込まれたコーキングの劣化
・積雪による変形(神戸市西区では考えにくいです)

散水検査の結果、この部分から雨漏りしていることが分かりました。ジョイント部分に出来た隙間は雨漏りの大きな原因となります。

天板を固定しているビスの様子
シャッターボックス天板を固定しているビスの様子です。

使用されているビスは鉄ビスで止水処理はされていません。このように水がよく流れる天板にビスを打つ場合は、パッキンの付いたビスを使用することが重要です。

【天板にパッキンなしの鉄ビスを使用するとどうなるの?】
・そもそもシャッターボックス天板は傾斜が緩いため、水はけが悪い。
・長時間ビス周りに雨水が滞在することにより、雨漏りする可能性がある。
・露出する部分に鉄ビスを使用すると、錆が出て劣化スピードを速めてしまう。

表に露出するビスは、将来的なことを考えてステンレスのパッキン付きビスを使用すると安心ですよ(=^・^=)
天板と一体化している雨樋の様子
シャッターボックス天板からの雨水を受けるための雨樋の様子です。

シャッターボックスと一体型になっており、隙間の狭い雨樋です。傾斜もほとんどついておらず、長年の土ホコリや汚れのせいでほとんど詰まっている状態でした。今回の雨漏りと関係があるとしたら、オーバーフローして雨樋の内側に雨水が溢れていることが考えられます。

家の周りに草木が多いお家では、特に気を付けたほうがいいですね。

神戸市西区シャッターボックス雨漏り点検の終わりに

街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
今回の神戸市西区シャッターボックスの雨漏り点検で、天板を調べることにより何点かの雨漏り原因が発見できましたね。

【今回の雨漏りの原因】
・天板ジョイント部分からの雨漏り
・ビス廻りからの漏水
・雨樋からのオーバーフロー

【雨漏り点検でご提案したメンテナンス内容】
・ジョイント部分、ビス頭のコーキング。雨樋の清掃(2万円)耐久年数5~7年
・シャッターボックス天板に板金を全面カバー(6万円)耐久年数20年以上

お客様のご予算も考えて2つのメンテナンス方法を御提案させていただきました。どんな小さなことでも、しっかりと雨漏り点検し最適なご提案をさせていただきますので、街の屋根屋さん神戸西店に1度は相談してくださいね(=^・^=)

今日も1日お疲れ様でした!!

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市西区で劣化したカラーベストを差し替えて補修しました

施工前の割れたスレート屋根
差し替えたスレート屋根の様子
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミューコロニアルクアッド ウォルナットブラウン 雨押え板金
築年数
30年
建坪
60坪
保証
3年
工事費用
3万円 消費税込み
施工事例

神戸市西区で劣化した屋上に塩ビシート防水を貼りました

古くなったゴムシート防水
新しい塩ビシート防水
工事内容
防水工事
外壁塗装
足場
アパート
使用素材
田島 塩ビシート ビュートップV16
築年数
30年
建坪
180平米
保証
15年
工事費用
防水工事 130万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

神戸市西区で経年劣化したスレート屋根にカバー工法しました

施工前のスレート屋根
施工後の金属屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト フッ素ブラウン
築年数
20年
建坪
120平米
保証
15年
工事費用
屋根工事105万 足場工事15万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市垂水区で屋根塗装を行う前の様子です

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区で行ったスレート屋根の塗装工事をご紹介したいと思います!!スレート屋根は10年以上経過すると表面の塗膜が劣化し撥水機能を失います。放置していると苔やカビが繁殖し屋根材が割れて...........

神戸市西区で行ったベランダ防水工事の仕上がり

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は梅雨前にお勧めの、ベランダ防水工事をご紹介したいと思います。これから雨が多くなってくる季節になりますが皆さんのお家のベランダに施工されている防水は大丈夫ですか??ひび割れや表面の塗膜の劣...........

神戸市須磨区で屋根工事の無料見積もりを行ったお家の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市須磨区の雨漏りしているお宅での、屋根工事の無料見積もりをご紹介したいと思います(=^・^=)【建物情報】・2階建て木造住宅(瓦屋根葺き)・築年数40年・20年前に瓦屋根葺き替え工事...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223