オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市須磨区で雨漏り点検!雨漏りの原因を無料で解決します


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。

今日は神戸市須磨区にて、雨漏り点検を行った様子をご紹介したいと思います。神戸市の皆さんも過去に雨漏りを経験し専門業者へ雨漏り点検を依頼した方も少なくないでしょうね、、、その中で実際に雨漏りをきちんと解決できた方はどのくらいいるでしょうか?

【過去に雨漏り点検・修理をされた方の声】
・雨漏り修理をしたけど治らなかった
・雨漏り点検を依頼したけど原因がわからなかった
・雨漏り点検は無料と聞いたのに請求が来た

神戸市でのリフォーム会社が多い中、このような残念なご意見が今でも多く出ています。街の屋根屋さん神戸西店ではこのようなお客様に対し、確実な雨漏り点検を無料で行うことをお約束いたします(=^・^=)



神戸市須磨区、雨漏り点検の室内の様子

天井にシミができている様子
神戸市須磨区で雨漏り点検をするため、室内の様子を確認していきます。

2階の和室の天井に大きな雨シミが出来ていました。雨漏り点検するまでもなく、雨漏りしているのがはっきりとわかりますね、、、天井裏に配管などがなかったことから屋根からの雨漏りと考えられます。
天井が剥がれている様子
和室に貼られている天井材が、雨漏りで湿気てしまいめくれてきていますね、、、幸い雨漏り点検した日より前に雨が降っていなかったので、天井裏に水は溜まっていませんでした。

雨漏りを放置しておくと、建物の色んな箇所が腐食していき修理に余分な費用が掛かるため、現在目に見える雨漏りがないお家でも早めの雨漏り点検をお勧めします

<関連記事>

神戸市須磨区、雨漏りの原因は瓦屋根

雨漏りしている瓦屋根の様子
神戸市須磨区での雨漏り点検で、雨漏りの原因となる瓦屋根に昇ってきました。

今回、雨漏り点検する瓦屋根は切妻のシンプルな形状をしている為、本来は雨漏りしにくい屋根の形状です。この瓦屋根のどの部分から雨漏りしているのかを、無料でキッチリと点検していきます(=^・^=)

神戸市須磨区の雨漏り点検 ①棟瓦

棟瓦がずれている様子
瓦屋根で1番ダメージを受けやすい部分が、指をさす棟瓦です。

雨漏り点検で瓦屋根を点検する際、多くのお家の棟瓦に不良個所があります。今回、雨漏り点検した神戸市須磨区の瓦屋根も何枚か強風でズレてしまっています、、、

自然災害で屋根の1部が破損した場合は火災保険を適応できますので、慌てずにまずはご相談くださいね(=^・^=)

棟瓦の中の土が露出している様子
雨漏り点検で、棟瓦がズレている部分をみていきます。

1番上に乗っかっている冠瓦が大きくずれている為、中の土が崩れてきていますね(>_<)このように土を使用した土葺き工法の瓦屋根は今でも多く残っており、自然災害での被害が後を絶ちません。

今回の雨漏りとは関係ない場所でしたが、放置しておくと雨漏りの原因となってしまうので早めに修理したほうがいいですね。

のし瓦がズレている様子
棟瓦の1部ですが、指をさす部分はのし瓦と呼ばれる部分になります。

基本的に飾りの瓦になりますが、雨水を左右に分散させる意味合いもあります。中に入っている土との密着性がなくなってくることにより、このようにズレ落ちてしまうんです。

雨漏り点検での雨漏りとは関係ありませんでしたが、放置すると下に落下して2次災害に繋がるので要注意ですよ(>_<)

漆喰が剥がれている様子
これも棟瓦に使用されている1部分で、漆喰と呼ばれるものです。

漆喰は外壁などにも使われていることが多いですが、棟瓦に使用されているのは「のし瓦」と「地瓦」のすき間から雨の侵入を防ぐために施工されている大事な部分です。

漆喰が劣化して雨漏りすることもありますので、雨漏り点検で屋根に昇ることは大事なことですね(=^・^=)

神戸市須磨区の雨漏り点検 ②地瓦

瓦屋根が浮いている様子
今のところ、雨漏りの原因箇所は特定できていませんね、、、

雨漏り点検は意外と難しく、原因を突き止めるのに時間がかかることもありますが諦めず雨漏り点検を続けていきます。棟瓦の次は瓦屋根本体である地瓦をみていきましょう。

土葺き工法されている瓦屋根は釘固定されていないことが多く、強風などでこのように浮き上がってしまうことが多いです。
瓦屋根がズレている様子
この部分も、強風により大きく瓦屋根がズレていますね。

下に落下する危険性も高く、早急な復旧作業が必要と考えられます。室内に雨漏りしている箇所との位置関係が近く、中の防水シートを確認してみると破れていることが分かりました。

防水シートは、屋根のすき間から侵入してくる雨水を防ぐための超重要部分であり今回の雨漏りの原因もこの部分からでした。

瓦屋根が割れている様子
1枚だけ瓦屋根が割れている所を発見しました。

既にコーキングで補修されていたので、雨漏り点検での雨漏りとは関係なかったですが瓦屋根が割れてしまった場合はコーキング補修よりも、瓦屋根の差し替えをお勧めしています。瓦屋根には様々な種類があるため、わからない方はお気軽にご相談くださいね(=^・^=)

神戸市須磨区の雨漏り点検 ③壁際

壁際、のし瓦の様子
雨漏り点検で下屋根も点検していきます。

最近は雨漏れしていないようですが、過去に1階部分からも雨漏りしていたようです。

写真に写る壁際は雨漏れしやすい場所なので、しっかりと点検していきます。
散水検査をしている様子
雨漏り点検では吹き降りを想定して、散水検査を行います。

ホースを屋根に引っ張り上げて、雨漏りしそうな箇所に水をかけ雨漏りしないか点検していきます(=^・^=)

野地板に出来た雨シミの様子
1階部分の、雨漏り原因を特定するために散水検査をすると5分くらいで天井裏に水が出てきました。

やはり、雨漏りしていたのは瓦屋根と外壁が干渉する壁際が原因ということです。壁際は中で防水シートが立ち上げられていないことが多いため、雨漏り点検で良く雨漏りの原因として発見できる場所となります。

神戸市須磨区の雨漏り点検 ④谷板金

谷板金の様子
1階部分の瓦屋根、谷板金の様子です。

今回の雨漏りとは関係ない部分ですが、所々で錆が出ておりメンテナンスをしたほうが良い状態だと言えます。谷板金は屋根からの雨水が1番良く集まる場所でもあるので、錆が進行しやすく雨漏りに繋がりやすい部分なんですよ(>_<)

神戸市須磨区での雨漏り点検まとめ

街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
神戸市須磨区の雨漏り点検で、室内と屋根上を点検し雨漏りしていた原因がはっきりとわかりましたね(=^・^=)

【雨漏りしていた原因箇所】
・2階部分瓦屋根のズレ (防水シートの破れが原因)
・1階部分瓦屋根の壁際

【ご提案した雨漏り修理方法】
・2階部分、瓦屋根の葺き治し (訳28万円)
・1階部分、壁際のし瓦の積み替え (訳7万円)


今回、神戸市須磨区でご紹介した雨漏り点検は完全無料です(=^・^=)「とりあえず雨漏りの原因だけを知りたい」という方でも大歓迎なので、街の屋根屋さん神戸西店へお気軽にお問合せくださいね!!


今日も1日お疲れ様でした!!



同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市須磨区で劣化した瓦屋根を金属屋根に葺き替えしました

40年経過した瓦屋根の様子
金属屋根に葺き替えた様子
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドグリーン
築年数
40年
建坪
58平米
保証
15年
工事費用
屋根工事80万 足場工事12万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

淡路市での瓦屋根修理前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は淡路市で行った瓦屋根修理の様子をご紹介したいと思います(=^・^=)【瓦屋根修理のタイミング】・淡路市での多くのお家の屋根に「瓦屋根」は使用されています。近年では多くなってきたスレート屋...........

神戸市中央区にて屋上防水工事前の室内の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市中央区にて屋上防水工事を行った様子をご紹介したいと思います。以前から雨漏りでお悩みだったお客様のために、なるべく費用を抑えた屋上防水工事をご提案し着工いたしました。【お問合せ内容】...........

淡路市での屋根リフォーム工事前のスレート屋根の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は淡路市で行った屋根リフォーム工事の様子をご紹介したいと思います。【屋根リフォーム工事内容】・既存のスレート屋根を撤去せずに新しい屋根材を上から覆いかぶせる「カバー工法」です。既存の屋根材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223