オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

神戸市西区で雨漏り無料点検・調査!!押し入れ天井の雨シミの原因は?


皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。
今日は神戸市西区にお住いのS様より2階の押し入れ天井からの雨漏り点検・調査のご依頼を頂いたので行ってきました。お電話を頂いた際に「雨漏りの点検調査は全て無料です」とお伝えし、梯子を積んで現地に向かいました。

雨漏りの原因はほとんど屋根が原因となりますが、外壁や天井裏にある配管からの可能性もあります。そのため、街の屋根屋さん神戸西店では天井裏も細かく点検・調査して、確実な雨漏りの原因を突き止めます。

雨漏りの点検・調査は街の屋根屋さん神戸西店にお任せください!!

関連記事

天井裏の雨漏り点検・調査を行います

天井裏の様子
お家の中にお邪魔して雨漏りの点検・調査をするために押し入れ上の天井裏に入ってきました。
あらかじめ、天井裏を点検できるようにS様が開けてくれてたおかげですんなりと入り込めました!!

写真に写っているのは屋根の下地材で、垂木(角材)の上に野地板が貼られています。

S様ご自身も天井裏に入って中の様子を確認していたそうでとても感心しました!
淡路市雨漏り点検での天井に出来た雨シミの様子
屋根の下地である下地用合板に広範囲で雨のシミが出来ています。
天井裏などは普段なかなか目にすることは少ないですよね?気が付かないうちにこのように雨漏れしている可能性があるので、築年数が20年超えている皆さん!!

雨漏り点検・調査は全て無料ですから、街の屋根屋さん神戸西店にお問合せくださいね。
野地板に出来た雨シミの様子
屋根下地の垂木の際にも複数の雨シミが確認できました。
このような状態を放置しておくと、下地材が腐ってしまい屋根の下地ごと交換しないといけません。そうなると費用もかさみ、お客様への負担が大きくなってしまうので早めに対処しましょうね!!

今回は下地用合板にシミは出来ていましたが、S様の早めの対処により下地材は腐っていませんでした。早めの雨漏り点検・調査をして良かったですね!!


今回の雨漏りは屋根下地に雨シミがあったので屋根の上が原因と判明しました。お客様の予想通りでしたね!!

屋根に昇って雨漏り点検・調査を行います

屋根の状態
今回のお家は2階建ての木造住宅で屋根にはカラーベストを葺いていました。
築28年で14年前に屋根と外壁の塗装をしたそうですが、それ以降お家の点検・調査はしていなかったそうです。S様は「もっと早く点検・調査していればよかった」と仰っていましたが、十分早めの対処だったと思いますよ(=^・^=)

屋根の知識もインターネットでかなり調べていたみたいで、話もスムーズに進み本当に感心しました!!

ここからは屋根のプロが、梯子を屋根にかけて屋根の雨漏り点検・調査をしていきます。
神戸市西区で行った屋根葺き替え工事前の様子
今回の屋根は4面寄棟になったカラーベスト葺きの屋根です。
ちょうど雨漏りしている面の上に鳩小屋が取り付けられていますね。雨漏りしやすい場所で、怪しいです!!

屋根の各所を順番に点検・調査していきましょう。
鳩小屋
鳩小屋とは屋根や屋上に取り付けられた小さな小屋です。

この鳩小屋には正面にガラリが取り付けられており、屋根裏の熱気や湿気を外に自然喚起する役割を果たしています。
建物のデザインとして鳩小屋が取り付けられているお家も存在します。
ガラリの様子
これは鳩小屋の正面に取り付けられているガラリの様子です。
このすき間から屋根裏の熱気や湿気を自然喚起しているのですが、吹き降りなどで雨が中に侵入しそうな造りになっていました。普通の雨なら侵入しないですが、ガラリのルーバーの幅が短く隙間が少し広い感じです。
豪雨の時はここから雨が侵入していると判断しました。

棟板金の様子
これは棟板金です。
棟板金とは屋根と屋根の接合部分から雨を防ぐ仕上げ材の板金です。中に棟木と呼ばれる木材が入っており釘で固定されています。台風などの強風で最も飛散しやすい屋根のパーツでもあり、2年前の台風21号では多くのお家の棟板金が飛散してしまいました。
飛散するだけでなく周りの家や車に危害を及ぼす危険性が高いため、定期的な屋根の点検・調査をお勧めします。
釘が浮いている様子
これは棟板金を固定している釘が浮いている様子です。

屋根の点検・調査をしなければわかりにくいですが、釘はどれだけしっかり打ち込んでも、長年の振動や熱による板金の伸縮により抜けてきます。

街の屋根屋さん神戸西店では屋根工事に釘は使用せずビスを使って固定していきます。


棟板金が浮いている様子
これは棟板金が浮いている様子です。

なぜ浮くのか?原因は固定している釘の抜けと中に入っている下地材の棟木が腐食しているからです。
棟木は木材ですから15年も経過するとどうしても腐食してきます。
このため棟板金が屋根材から浮き上がり飛散してしまうんです。

屋根材がズレている様子
これはカラーベスト屋根がズレている様子です。

本来カラーベスト屋根は1枚当たり4本の釘で固定されていますが、このような端部の小さくカットされた屋根材は1本しか釘固定されていません。
経年劣化により割れてしまいこのようにズレ落ちることがあります。

屋根の点検・調査をしなければ築けない部分ですね。

屋根に苔が生えている様子
これはカラーベストに苔が生えている様子です。

カラーベストの材質はセメント系で表面の塗膜が剥がれてくると雨がしみ込みこのように苔が繁殖してきます。
屋根塗装をしても7年から8年で撥水機能がなくなり苔が繁殖してきます。
今回の雨漏りの原因の1つとして、屋根全体に雨がしみ込んで漏水している可能性も否定できません。

雨漏り点検・調査のまとめ

屋根全体の様子
<今回の雨漏りの原因箇所>
・鳩ケ谷に取り付けられているガラリ
・棟板金の大きな浮き
・屋根全体の撥水機能の低下

皆さんに理解していただきたいことは1つです。屋根塗装では雨漏りは治らないということです!!屋根塗装は屋根材の表面を強化するための補強工事なので、雨漏りしているカラーベスト屋根はカバー工法葺き替え工事が必須です。
普段気にしない屋根ですが、家を守る1番大事な場所なので、この記事を読んでくださった皆さん!!
是非1度、街の屋根屋さん神戸西店の住いの無料点検を検討してみてください。

今日も1日お疲れさまでした!!

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市西区で劣化したカラーベストを差し替えて補修しました

施工前の割れたスレート屋根
差し替えたスレート屋根の様子
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミューコロニアルクアッド ウォルナットブラウン 雨押え板金
築年数
30年
建坪
60坪
保証
3年
工事費用
3万円 消費税込み
施工事例

神戸市西区で劣化した屋上に塩ビシート防水を貼りました

古くなったゴムシート防水
新しい塩ビシート防水
工事内容
防水工事
外壁塗装
足場
アパート
使用素材
田島 塩ビシート ビュートップV16
築年数
30年
建坪
180平米
保証
15年
工事費用
防水工事 130万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

神戸市西区で経年劣化したスレート屋根にカバー工法しました

施工前のスレート屋根
施工後の金属屋根
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト フッ素ブラウン
築年数
20年
建坪
120平米
保証
15年
工事費用
屋根工事105万 足場工事15万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市垂水区で屋根塗装を行う前の様子です

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区で行ったスレート屋根の塗装工事をご紹介したいと思います!!スレート屋根は10年以上経過すると表面の塗膜が劣化し撥水機能を失います。放置していると苔やカビが繁殖し屋根材が割れて...........

神戸市西区で行ったベランダ防水工事の仕上がり

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は梅雨前にお勧めの、ベランダ防水工事をご紹介したいと思います。これから雨が多くなってくる季節になりますが皆さんのお家のベランダに施工されている防水は大丈夫ですか??ひび割れや表面の塗膜の劣...........

神戸市須磨区で屋根工事の無料見積もりを行ったお家の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市須磨区の雨漏りしているお宅での、屋根工事の無料見積もりをご紹介したいと思います(=^・^=)【建物情報】・2階建て木造住宅(瓦屋根葺き)・築年数40年・20年前に瓦屋根葺き替え工事...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223