オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

戸建ての屋根に使われる屋根材についてご紹介します


瓦屋根

施工前の屋根
耐火性・耐久性・断熱性も高く、50年以上長持ちすると言われている瓦屋根です。
耐水性にも優れているので、雨水が染み込みにくく、下地が傷みにくいです。
ひと昔前は「粘土瓦」と呼ばれ、粘土で瓦を作り、釉薬(ゆうやく)を塗って焼いた瓦が使われていましたが
近年では粘土ではなく、軽量化された瓦も存在します。
施工費としては屋根材の中では高いですが、メンテナンスにかかる費用は安いと言われています。
だからと言って定期的なメンテンナンスや補修がいらないわけではなく、
漆喰の点検や瓦の状態を知ることで、雨もりや自然災害による二次被害を防ぐことが出来ます。
瓦は破損しても1枚でも交換出来るのがいいところです


スレート屋根

割れている瓦の様子
近年の戸建て住宅によく使われているスレート屋根です。
安価で機能性に優れ、カラーバリエーションも豊富で人気が高まっています。
軽量なため、耐震性が高いのも良い点ですね。
しかし軽量な屋根材はデメリットもあります。
建物の中で一番、天候や風、飛来物の影響を受けやすいので
強度が弱いスレート屋根は割れやすく、ヒビ割れしやすい、
また塗膜がはがれると防水性能がなくなるので
塗装が必要になるなど他の屋根材に比べると手入れが必要になります。

ガルバニウム屋根(金属屋根)

金属屋根に仕上がった様子
弊社の施工事例やブログにもよく登場しているガルバニウム屋根です。
近年ではスレート屋根からガルバニウム屋根にカバー工法されるお客様が
増えています。
金属で出来た屋根ですが、軽くて錆びにくいのが特徴です。
また加工がしやすいので、いろんな屋根の形状にもなじみます。
不燃材料なので防火性に優れている点もオススメです。
しかし飛来物による衝撃には弱く、へこむなど定期的なメンテナンスは必要になってきます。
また断熱性は低く、遮音性が低い点もあります。


まとめ

それぞれの屋根材の特徴は簡単に紹介しましたが。お客様のお住まいの屋根の状況により
メンテンナンスやリフォーム方法はさまざまです。
現場調査の際にご不安なことはお話しして頂き、お客様にあった
方法でご提案させていただきます
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223