オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

淡路市で雨漏り点検!雨漏りの原因箇所を徹底的に点検します


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。
今日は淡路市で行った雨漏り点検の様子をご紹介したいと思います。

「雨漏り」とは雨水が外部から室内に侵入してくる現象で、放置しておくとどんどんひどくなり修理費用が高くなってきます。室内への漏水と言っても必ず目視できる場所から雨漏りしているとは限らないので、築年数が15年以上経過しているお家は「雨漏り無料点検」をご検討ください!!

街の屋根屋さん神戸西店では、雨漏り点検後に点検写真と複数の雨漏り修理見積をお渡ししています。お客様のご予算やご意見をもとにご提案しますのでご安心ください(=^・^=)

淡路市での雨漏り点検 ①室内の様子

淡路市雨漏り点検での和室の天井がシミになっている様子
【お客様からのお問合せ内容】
・3年前くらいから室内の各所に雨漏りがしていました。何度か工務店に雨漏り点検を依頼して修理してもらったのですが、数か月すると再び雨漏りがしてきます。確実に雨漏りを治したいので、原因箇所を特定したうえで最適な雨漏り修理をお願いします。

このようなお問合せを頂いたので、街の屋根屋さん神戸西店が淡路市のお客様のもとへお伺いしました!!



淡路市雨漏り点検での洋室の天井にシミができている様子
淡路市での雨漏り点検で室内の様子を点検していきます。

2階部分の洋室、和室共に大きな雨染みが天井に出来ていました。このように天井に雨染みが出来ているお家は多いですが、雨漏りの原因はお家によって様々です。

屋根や外壁ではなく天井裏の配管からの可能性もあるため、雨漏り点検は必ず専門業者に依頼してくださいね(=^・^=)
余地市雨漏り点検での雨漏りして天井にシミができている様子
2階の寝室の角にも雨染みがありました。

今回、淡路市での雨漏り点検したお家は広範囲に分散して雨染みがありましたので、配管からではなく屋根が原因と考えられます。1階部分の天井に雨染みがある場合の雨漏りの原因箇所は外壁か、ベランダ防水が原因と考えられます。

このような雨漏りは放置しておくと木材が腐食し工事費用が高額になることがあるため、なるべく早めに雨漏り修理をしてくださいね(>_<)

淡路市での雨漏り点検 ②天井裏の様子

淡路市雨漏り点検での天井に出来た雨シミの様子
淡路市での雨漏り点検で一か所だけ天井裏に入る点検口があったため、天井裏の様子を確認してきました。

写真に写る木材は屋根の下地材で、広範囲に雨染みが出来ています。ここから点検できる範囲で天井裏の様子を確認しましたが、今回の雨漏りの原因は間違いなく屋根が原因とわかりました。

屋根の野地板は屋根を支えるための重要な部分なので、このように湿気ている状態を放置しておくことは出来ません。

雨漏りの原因となっている瓦屋根の様子

淡路市での雨漏り点検での既存の瓦屋根の様子
雨漏りの原因となっている屋根に昇ってきました。

【建物情報】
・2階建て木造住宅(瓦屋根葺き)
・数回にわたり瓦屋根の部分修理有り
・築年数35年

淡路市では多い瓦屋根のお家です。雨漏りの原因を突き止めるため、瓦屋根の部位ごとに雨漏り点検を行っていきます!!

淡路市での雨漏り点検 ③棟瓦の様子

淡路市での雨漏り点検で棟瓦の様子
まずは「棟瓦」を雨漏り点検していきます。

「棟瓦」とは屋根と屋根の接合部分から雨の侵入を防ぐために取り付けられている仕上げ材で、瓦屋根の中では最も自然災害での被害を受けやすい部分とも言えます。

棟瓦などの屋根の一部が自然災害により破産もしくは飛散した場合は火災保険が適用されますので、慌てず専門業者にご依頼ください。街の屋根屋さん神戸西店でも火災保険の申請代行を行っております。

淡路市での雨漏り点検で棟瓦の様子
棟瓦のこの部分!!棟瓦の天辺に取り付けられている「冠瓦」が大きくずれて中に仕込まれている土が露出しています。

基本的に棟瓦は粘土土に瓦を密着させ銅線で縛り付け固定されていますので、25年くらい経過すると粘土土と瓦の密着性がなくなり固定している銅線も劣化してくるためこのように強風でズレてしまうことが多いです。

瓦屋根自体は30~40年と長い耐久性がありますが、その他の部材の耐久年数は25年程度なので定期的なメンテナンスが必用です。

淡路市での雨漏り点検で棟瓦を固定している針金の様子
淡路市での雨漏り点検で棟瓦の一部が大きくずれていることが分かりましたが、その一番の原因はこの銅線の劣化です。

銅線は30年くらい経過すると鶯色に変色しどんどん緩んできます。雨水にさらされ酸化してしまうので仕方ないですが、近年ではステンレスの針金で棟瓦を固定しているお家が増えてきていますよ(=^・^=)

このような劣化状態は雨漏り点検で屋根上に昇らないと中々気付くことは出来ません。
淡路市での雨漏り点検で漆喰が剥がれている様子
これは棟瓦の接合部分から雨の侵入を防ぐために施工されている「漆喰」です。

屋根に使用されている漆喰は劣化スピードが速く10年くらいでメンテナンスが必用となります。雨漏り点検の結果、漆喰が原因で雨漏りしていることもあるもで定期的なメンテナンスをお勧めしますが、漆喰の打ち替えは1m当たり2,000円~と比較的に費用が安く仮設足場の設置も不要の場合が多いです。

※漆喰工事をする場合、漆喰の増し打ちは剥がれやすく雨漏りの原因となるため厳禁です!!

淡路市での雨漏り点検 ④地瓦の様子

淡路市での雨漏り点検での瓦屋根がズレている様子
雨漏り点検での瓦屋根調査で、最後に地瓦本体を点検していきます。

今回、淡路市で雨漏り点検を行った瓦屋根は釘固定していない「土葺き工法」で棟瓦と同じく粘土土と瓦屋根の密着性が重要となってきます。築年数を重ねることにより密着性が弱くなり、強風でこのように浮き上がることが多く放置していると、下に落下して2次災害になることがあるので大変危険です(>_<)

淡路市、雨漏り点検のまとめ

街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
淡路市での雨漏り点検で、雨漏りの原因が瓦屋根という事が分かりました。

【瓦屋根の不良個所】
・棟瓦(冠瓦)のズレによる土の露出
・棟瓦を固定している銅線の劣化
・漆喰の剥がれ
・地瓦の大きなずれ

※雨漏りしていた原因で箇所は棟瓦でしたが、室内への漏水は棟瓦付近の防水シートの破れが原因です。

淡路市で雨漏り点検させていただいたお客様へ、「棟瓦の積み替え工事」「屋根葺き替え工事」の2パターンをご提案させていただきました(=^・^=)
<関連記事>


今日も1日お疲れ様でした!!


同じ地域の施工事例

施工事例

淡路市で屋根カバー工法を行いました。断熱効果の高い屋根カバー工法です。

淡路市屋根カバー工法の施工前の様子
淡路市屋根カバー工法施工後の様子
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドチャコール
築年数
40年
建坪
屋根面積130㎡
保証
15年
工事費用
150万 消費税、足場代含む
施工事例

淡路市で屋根葺き替え工事をしました。重たい瓦から軽い瓦へ

淡路市屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子
淡路市屋根葺き替え工事後の屋根の様子
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンオレンジ
築年数
40年
建坪
屋根面積70㎡
保証
15年
工事費用
120万 消費税込み 足場代別

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

淡路市での瓦屋根修理前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は淡路市で行った瓦屋根修理の様子をご紹介したいと思います(=^・^=)【瓦屋根修理のタイミング】・淡路市での多くのお家の屋根に「瓦屋根」は使用されています。近年では多くなってきたスレート屋...........

神戸市中央区にて屋上防水工事前の室内の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市中央区にて屋上防水工事を行った様子をご紹介したいと思います。以前から雨漏りでお悩みだったお客様のために、なるべく費用を抑えた屋上防水工事をご提案し着工いたしました。【お問合せ内容】...........

淡路市での屋根リフォーム工事前のスレート屋根の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は淡路市で行った屋根リフォーム工事の様子をご紹介したいと思います。【屋根リフォーム工事内容】・既存のスレート屋根を撤去せずに新しい屋根材を上から覆いかぶせる「カバー工法」です。既存の屋根材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223