オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

神戸市垂水区で瓦屋根点検!雨漏りの原因を屋根のプロが徹底解説


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。
今日は神戸市垂水区にて瓦屋根点検を行った様子をご紹介したいと思います。

【お問合せ内容】
・数年前から室内への雨漏りが続いています。普通の雨では雨漏りしないのですが台風などの横降りの雨の時に雨漏りし、室内のクロスが剥がれてきている状態です。望遠鏡で瓦屋根を確認したところ、大屋根の入母屋付近の板金が浮いているようなので瓦屋根の点検をお願いしたいです。

【建物情報】
・2階建て木造住宅(瓦屋根葺き)
・2階から1階につたっての雨漏りあり
・20年前に瓦屋根を全面葺き替え

お問合せを頂いたので地元業者である街の屋根屋さん神戸西店が、無料で瓦屋根点検を行いました(=^・^=)

神戸市垂水区で瓦屋根点検を行った入母屋造りのお家
神戸市垂水区で瓦屋根点検を行ったお家の様子です。

入母屋造りの瓦屋根で見た感じはとてもきれいな状態でした。20年前に瓦屋根を葺き替えたという事もあり、外から見る分には室内へ雨漏りしているようには見えません。

しかし、屋根の形状的には少々複雑なため雨漏りしやすいとも言えます(>_<)

神戸市垂水区瓦屋根点検で、室内の雨漏りを確認

神戸市垂水区での瓦屋根点検で室内のクロスが雨漏りにより剥がれている様子
瓦屋根点検を行った室内の雨漏り箇所の様子です。

漏水がきっかけとなり、室内のクロスが剥がれている様子です。内装に使用されているクロスや天井材などは雨水に非常に弱く、このように剥がれてきます。放置しておくとどんどんひどくなって、壁の下地などを修理する必要が出てくるため早めの対処が必要です。


神戸市垂水区での瓦屋根点検で雨漏りにより室内の天井にシミができている様子
雨漏りにより天井材にシミが付いている様子です。

瓦屋根からの雨漏りが原因で2階部分の天井に大きなシミが出来ています。見た目以上に屋根に使用されている下地材が心配ですね、、、屋根の下地となる野地板は重たい瓦屋根を支える重要な部分になりますので、水を含んだ状態で放置していると大変危険です(>_<)

大掛かりな瓦屋根修理になる前に早めに瓦屋根点検を行い、メンテナンスを行ってくださいね!!

神戸市垂水区での瓦屋根点検で瓦屋根上を確認

神戸市垂水区での瓦屋根点検で屋根に梯子を掛けている様子
神戸市垂水区にて瓦屋根点検を行うために、屋根に梯子を掛けて昇っていきます。

お家の立地条件により梯子を掛けられる場所は限られてきますが、今回のように屋根に設置されている雨樋に梯子を掛ける場合は雨樋を傷めないように養生することをお勧めしています。

瓦屋根点検は高所での作業となりますので安全に十分配慮した上で、屋根のプロが行うことが原則です。
神戸市垂水区での瓦屋根点検で屋根上に昇ってきた様子
瓦屋根点検を行うために瓦屋根に昇ってきました。

三州瓦のきれいな銀黒色です。見た感じには瓦屋根修理を行う必要は全くなさそうですが、どの部分から雨漏りしているのでしょうか?雨漏りの原因を追究するために、怪しい部分を1か所ずつ瓦屋根点検していきます(=^・^=)

神戸市垂水区での瓦屋根点検 ①雨押え板金

神戸市垂水区での瓦屋根点検で雨押え板金が浮いている様子
室内へ雨漏りしていた箇所に最も近い瓦屋根の場所です。

写真に写っているのは瓦屋根の入母屋部分で、少し複雑な見た目になっております。このように見た目に複雑な部分はどうしても雨漏りしやすく、定期的な瓦屋根点検を行わないと今回のような雨漏りに繋がることが多いです(>_<)
神戸市垂水区での瓦屋根点検で雨押え板金が浮いて中の木材が露出している様子
先ほどの写真を下の角度から撮影すると、外壁と瓦屋根の取り合い部分に施工されている雨押え板金が大きくめくれあがっている様子が分かります。

雨押え板金が大きくめくれあがっていることにより、中に仕込まれている下地木材も露出している状態で吹き降りの雨が入り放題の状態です(>_<)

雨漏りの原因箇所はこの部分が1番可能性あります。


神戸市垂水区での瓦屋根点検 ②谷板金

神戸市垂水区での瓦屋根点検で谷板金を点検している様子
先ほどの写真の付近に谷板金が設けられていました。

神戸市垂水区で瓦屋根点検を行ったお家の谷板金は銅板で作られており、長い年月で経年劣化したことから青緑に変色し所々に茶色いシミが出来ています。

銅板にこのような茶色いシミができてしまった場合は「穴あきのサイン」ですので早急に修理が必要ですよ(>_<)
神戸市垂水区での瓦屋根点検で谷板金に穴が開いている様子
街の屋根屋さん神戸西店が瓦屋根点検を行った時には、既に銅板に出来た茶色いシミの部分に穴が開いていました。

そもそも、谷板金は屋根からの雨水が最もよく集まる場所なのでこんなところに穴が開いてしまっては大変です!!穴が開いてしまった時点で雨漏りする確率は非常にt買い為、、このような茶色いシミができたら注意してくださいね(>_<)

神戸市垂水区での瓦屋根点検 ③漆喰

神戸市垂水区での瓦屋根点検で漆喰が剥がれている様子
瓦屋根点検では全ての瓦屋根を細かく点検していきます。

今回の雨漏りとは関係のない部分ですが、棟瓦に施工されていた漆喰が剥がれている箇所がありました。漆喰は瓦屋根と瓦屋根の間に出来た隙間から、雨水の侵入を防ぐための止水材なので剥がれている状態を放置しておくのは良くありません。

漆喰を使用している瓦屋根のお家は10年に1度、瓦屋根点検を行ってくださいね(=^・^=)

神戸市垂水区での瓦屋根点検で漆喰が剥がれている棟瓦の様子
このように棟瓦の表面に施工されている漆喰が剥がれたからと言って、すぐに雨漏りすることは少ないですが放置しておくと棟瓦の中に仕込まれている土が腐食してしまい、棟瓦が崩れやすくなるため要注意です(>_<)

漆喰の打ち替え工事は1m当たり2000円~ですが棟瓦の積み替えは1m当たり10000円~と高額になるため早めに瓦屋根点検を行い、メンテナンスしてくださいね!!

神戸市垂水区での瓦屋根点検の終わりに

街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
神戸市垂水区での瓦屋根点検が完了しました!!

今回の雨漏りの原因となった瓦屋根は、、、
・入母屋部分の雨押え板金の浮き
・谷板金に出来た穴あき

この2点が原因となり室内へ雨漏りしていました。

雨漏りを止めるためにご提案した瓦屋根修理の内容は、、、
・雨押え板金の交換
・谷板金の入れ替えです

2月上旬に瓦屋根修理を行う予定ですので、工事完了後にまたご紹介させていただきますね(=^・^=)

<関連記事>

今日も1日お疲れ様でした!!

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市垂水区で劣化して受け金具が錆び付いた雨樋を交換しました

経年劣化した雨樋の様子
新設した雨樋の様子
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
足場
使用素材
パナソニック アイアン丸105
築年数
30年
建坪
雨樋30m
保証
10年
工事費用
雨樋交換9万 仮設足場14万 消費税込み
施工事例

神戸市垂水区で劣化して剥がれているベランダ防水の工事をしました

劣化したウレタン防水
通気工法のウレタン防水
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
田島 オルタックエース
築年数
30年
建坪
30㎡
保証
8年
工事費用
防水工事25万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

神戸市垂水区でベランダ上にあるトタン屋根が錆びていたので板金を貼りました

ベランダ上のトタン屋根の様子
工事完了後のベランダ屋根の様子
工事内容
雨漏り修理
足場
使用素材
津熊鋼建 アーカイブ立平333 月星カラーブラウン パナソニックPC50新茶
築年数
40年
建坪
ベランダ屋根7m×1m 破風板9m 雨樋7m
保証
10年
工事費用
ベランダ屋根・破風板・雨樋 一式 18万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市での換気棟取り付けで屋根材に穴をあけた様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市にて暑さ対策のために「換気棟」を取り付けた様子をご紹介します。【換気棟とは?】・屋根の一番高い部分に取り付けられている「棟板金」の1部に取り付ける部材で、屋根裏にこもった熱気を自然...........

神戸市で行ったアスベスト含有屋根材の撤去処分前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市で行った「アスベスト含有屋根材の撤去、処分」についてご紹介したいと思います。【皆さんもご存じのアスベストとは?】・アスベストは天然に産する繊維状の鉱物で「石綿」とも呼ばれていますね...........

神戸市北区で行った波板交換前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市北区で行った波板交換の様子をご紹介したいと思います。既存の波板はブリキで出来ている金属波板で、長年メンテナンスされてなかったので錆がひどく穴が開きそうな状態でした(>_<...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223