オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市垂水区で火災保険工事!強風で飛散した屋根を修理しました


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。

今日は神戸市垂水区にて、強風で飛散してしまった屋根の棟板金を火災保険を使用して修理した様子をご紹介したいと思います。台風などの強風はで屋根や外壁などが破損した場合は火災保険が適応されるため、修理費用を大幅に削減できますので皆さんもご活用くださいね!!

【建物情報】
・3階建て木造住宅、スレート屋根葺き
・築年数25年(現在外壁塗装中)
・過去のリフォーム経験なし

【工事内容】
・仮設足場(18万円)
・棟板金の部分修理(4万円)
・外壁の塗装(80万円)

3階建てのお家の場合、強風で棟板金が飛散しても中々気付かないですよね?今回も神戸市垂水区のお客様は全く気付いてなかったようです。台風後や経年劣化を感じたら、専門業者に屋根無料点検をしてもらってください(=^・^=)


火災保険が適用されやすい屋根修理、屋根被害をご紹介!

棟板金が飛散して棟木が露出している様子
これは今回、神戸市垂水区で屋根修理した棟板金の様子です。

【棟板金】
・屋根と屋根の接合部分から雨を防ぐための仕上げ材で、スレート屋根や金属屋根に良く使用されています。台風などの強風で最も飛散しやすい屋根の1部と言えるでしょう。

真ん中に真っすぐ通っている棟板金が飛散して、中の棟木と呼ばれる下地木材が露出しています。放置していると雨漏りに繋がることがあるので、火災保険を使用しこの部分の屋根修理を行いました。





スレート屋根が割れている様子
屋根材が割れている様子です。

強風による飛散物で屋根材が割れてしまった場合も火災保険が適用されやすいですね。割れた屋根材を部分的に撤去して差し替える必要があります。

屋根の全体の様子
屋根上のアンテナが強風により倒れている様子です。

アンテナを使用していなければ撤去処分、使用していればアンテナ交換する費用が火災保険で適用されやすいです。

アンテナが倒れた影響で屋根材が割れていれば、この屋根修理も適用されやすいですよ(=^・^=)
積水瓦が飛散している様子
強風により屋根材がキレイに飛散している様子です。

これも火災保険が適用されやすい事例で、2年前の台風21の時はこのような屋根修理のお問合せがたくさんありました。

瓦屋根がズレている様子
地震の影響により瓦屋根がズレている様子です。

神戸市垂水区も阪神淡路大震災では沢山の屋根被害を受けましたよね、、、

瓦屋根の場合、このように中の土が露出してしまうと雨漏りしやすいので早めに屋根修理してください!!
浮き上がった庇板金
強風により庇屋根が浮き上がっている様子です。

浮き上がった隙間から雨が入り込み下地木材が腐ってしまうと、庇屋根の根元から折れてしまうことがあるので大変危険です。そうなる前に火災保険を利用して屋根修理すると安心ですよ(=^・^=)

火災保険でどの程度金額が下りるかは、契約内容や業者が製作する屋根修理見積金額によって異なります。まずはご契約されている火災保険会社に資料請求してください。

街の屋根屋さん神戸西店では火災保険の申請のお手伝いをさせて頂いてますので、お気軽にお問合せくださいね!!

神戸市垂水区で火災保険を使用した屋根修理スタート!!

飛散した棟板金の様子
強風で棟板金が飛散しているせいで、下地木材の棟木が腐食しています。

腐食した棟木の上に棟板金を被せても強度が出ない為、屋根修理をするために既存の露出している棟木を撤去していきます。棟木は釘で固定されている為、1本ずつ釘を抜いて撤去していきます。
既存の棟木を撤去した様子
既存の露出している棟木をキレイに撤去しました。

屋根修理をする際、釘などが家の周りに落ちてしまうとお客様がケガする恐れがあるので注意しながら作業していきます。
棟木を取り付けた様子
屋根修理で新しい棟木を取り付けていきます。

使用する棟木は杉の貫板木材で、釘ではなくビスでしっかりと固定していくことにより以前より強度が高まります。棟板金は強風などで飛散しやすいため、下地の段階から強度のある施工が必要です。
棟板金を取り付けた様子
屋根修理で取り付けた棟木の上から棟板金を取り付けていきます。

使用している棟板金はガルバリウム鋼板で作られている為、錆に強く長い耐久年数が期待できます。棟木と同じくビスで固定し強度も高めました。


棟板金の交換は雨漏りしている屋根にはお勧めできません。屋根から雨漏りしている場合は葺き替え工事かカバー工法をお勧めしています。

<関連記事>

神戸市垂水区での火災保険屋根修理の終わりに

屋根修理完了の様子
いかがでしたか?
火災保険が適用されやすい屋根被害と、神戸市垂水区で行った屋根修理の様子をご紹介させていただきました。

【今回、火災保険が適用された工事内容】
・仮設足場(18万円)
・屋根修理、棟板金交換(4万円)

合計22万円が火災保険会社からお客様へお支払いされました!!

【屋根修理で火災保険申請に必要なもの】
・火災保険会社から送られてくる書類2通
・被害状況の写真(家の表札が写っている家全体の写真も必要)
・屋根修理業者が発行した見積書(見積金額が20万以下の場合、適用されないことが多いです)

この3点を火災保険会社に郵送すると2週間程度で審査結果が出ます。ただし、火災保険を使用する屋根修理は原則、現状復旧がルールなので葺き替えやカバー工法は認められません。(被害状況がかなり広範囲である場合は適用されます)

自然災害で屋根修理が必要になった際は、慌てずに街の屋根屋さん神戸西にお問合せくださいね(=^・^=)

今日も1日お疲れ様でした!!


同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市西区で劣化したカラーベストを差し替えて補修しました

施工前の割れたスレート屋根
差し替えたスレート屋根の様子
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミューコロニアルクアッド ウォルナットブラウン 雨押え板金
築年数
30年
建坪
60坪
保証
3年
工事費用
3万円 消費税込み
施工事例

播磨町で台風で飛ばされた棟瓦を積み替えて屋根補修しました

既存のモ二エル棟瓦
新設したモ二エル棟瓦
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
使用素材
三州棟瓦 7寸クールブラウン
築年数
30年
建坪
160平米 棟瓦50m
保証
5年
工事費用
屋根補修工事60万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

垂水区で経年劣化のた棟瓦の積み替えを行いました

施工前の屋根
棟新設した屋根
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
使用素材
淡路瓦 棟7寸丸 濃いチョコ
築年数
30年
建坪
70平米  棟24m
保証
5年
工事費用
屋根工事50万 足場工事10万 消費税込み

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市垂水区で劣化して受け金具が錆び付いた雨樋を交換しました

経年劣化した雨樋の様子
新設した雨樋の様子
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
足場
使用素材
パナソニック アイアン丸105
築年数
30年
建坪
雨樋30m
保証
10年
工事費用
雨樋交換9万 仮設足場14万 消費税込み
施工事例

神戸市垂水区で劣化して剥がれているベランダ防水の工事をしました

劣化したウレタン防水
通気工法のウレタン防水
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
田島 オルタックエース
築年数
30年
建坪
30㎡
保証
8年
工事費用
防水工事25万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

神戸市垂水区でベランダ上にあるトタン屋根が錆びていたので板金を貼りました

ベランダ上のトタン屋根の様子
工事完了後のベランダ屋根の様子
工事内容
雨漏り修理
足場
使用素材
津熊鋼建 アーカイブ立平333 月星カラーブラウン パナソニックPC50新茶
築年数
40年
建坪
ベランダ屋根7m×1m 破風板9m 雨樋7m
保証
10年
工事費用
ベランダ屋根・破風板・雨樋 一式 18万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

既存の棟瓦の様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は1日雨で工事ができなかったので、先日明石市にお住いのS様邸で経年劣化した瓦屋根の修繕工事の様子をご紹介したいと思います。築45年の2階建て木造住宅に使用されていた屋根材は釉薬瓦と呼ばれ...........

劣化したスレート屋根の棟板金の様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は明石市で経年劣化したスレート屋根の棟板金を交換してきました。棟板金は屋根と屋根の接合部分から雨をしのぐために取り付けられている仕上げ材で、本棟、隅棟、差し棟など部位によって異なる名称を...........

天井が雨漏りでシミになっている様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は1日雨で現場作業はできなかったので、お家で加入されている火災保険についてお話させていただきます。ご存じの方も多いでしょうが、皆さんは所有物件のお住いに火災保険は掛けられていますか?ほと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223