オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

神戸市垂水区で屋根調査!プロが診断した最適なメンテナンス方法とは?


皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。
今日は神戸市垂水区でカラーベスト屋根の調査を行いました。築25年の木造2階建て住宅で10年前に屋根外壁の塗装工事をしているみたいですが、それ以降1度も屋根の調査をしていなかったため気になっていたそうです。
たまたま、近所で屋根工事を行っていたのでお話を聞かせていただき屋根の調査をすることになりました。


皆さん屋根は下から見えにくいから普段なかなか気にされませんよね?どうしても普段目につく外壁や内装が気になりがちですが、屋根はお家を雨から守るための1番大事な部分です。
雨漏れする前に1度屋根の調査を御検討してみてください。街の屋根屋さん神戸西店ではお客様の様々な疑問や不安を解決して見せます。



屋根調査スタート

屋根に梯子を掛けている様子
梯子を屋根にかけて調査を行っていきます。
屋根調査の前にお客様とある程度お話をして、過去のリフォームでどのようなことが不安だったとか今のご自宅を今後どのようにしていきたいかなど簡単にヒアリングさせてもらってから屋根調査を行っていきます。

棟板金の様子
根の1番高い部分に取り付けられているのが棟板金です。
材質は金属で出来ており、屋根と屋根の接合部分から雨の侵入を防ぐための仕上げ材です。今回のようなカラーベスト屋根や金属屋根にはこのような棟板金が使用されていますが、台風などの強風で最も飛散しやすい部分になっています。

飛散を防ぐためには定期的な屋根点検が必要です。

棟板金のビスが浮いている様子
これは棟板金を固定している釘の抜けです。
棟板金は中に仕込まれている棟木という木材に釘で固定されているのですが、経年劣化により中の棟木が腐食してこのように釘が抜けてしまいます。
屋根調査をせず放置していると台風などで飛散して雨漏りや2次災害に繋がるので要注意です。

ジョイント部分のシーリングの劣化
これは棟板金のジョイント部分のシーリングが劣化している様子です。
シーリングは8年くらい放置していると、このようにカサカサになってしまい防水機能がなくなってしまいます。
屋根調査でこのような状態を発見した場合は、部分的なシーリングの打ち替えが必要です。
屋根に出来た雨シミの様子
これはカラーベスト屋根に雨シミができている様子です。
カラーベスト屋根の原料にはセメントが使用されており、表面に塗装をして水を弾く屋根材として商品化されているものです。
しかし表面の塗膜は15年も経過すると撥水機能が低下して雨を吸い込み、このように乾いてもシミができてしまいます。

屋根に苔が生えている様子
これは屋根に苔が生えている様子です。
撥水機能が低下することにより屋根が湿っている時間が長くなることから、放置しているとこのように苔が繁殖していきます。苔がどんどん繁殖していくとそこから雨水を吸い込んで雨漏りしたり、雨樋に苔が流れ落ちて詰まりの原因となってしまいます。

屋根のひび割れの様子
これはカラーベスト屋根にひびが入っている様子です。
これも撥水機能の低下から来る状態で、放置していると雨漏りや屋根材の飛散に繋がります。
屋根調査をしないと発見しにくい劣化状態なので、気付かないうちにこうなっていることが多いです。

既存の塗膜が流れている様子
これは、既存の塗装が剥がれている様子です。
このような状態で過去の塗膜が剥がれているのは珍しく、使用した塗料が屋根材と相性が悪いか、下塗り材をきちんと塗っていなかったことが推測されます。

既存の塗膜が流れている様子
これは既存の塗料が流れている様子です。
基本的に適切な手順で屋根塗装をしていると経年劣化してもこのような見た目にはなりません。これも屋根調査をしないと気付かなかったことですが、過去の塗装工事直後に雨が降って乾いていない塗料が流されているように思います。

施工後にこのようなことがあってはいけないので、街の屋根屋さん神戸西店では工事保証書を発行して保証期間中2年に1回の無料屋根調査を実施しております!!
雨押え板金の釘の浮き
これは雨押え板金の固定釘が浮いている様子です。
棟板金と同じく中に仕込まれている木下地材の劣化が原因と考えられます。
屋根調査後、応急処置として釘頭のシーリングか、雨押え板金の交換ができます。
ケラバ板金の釘の浮き
これはケラバ板金です。屋根の側面から雨の侵入を防ぐための板金化粧材ですが、このケラバ板金も固定している釘が浮いていました。
屋根調査後、応急処置として釘頭のシーリングかケラバ板金の上張りができます。

屋根調査のまとめ

カラーベスト屋根の全景
長くなってしまいましたが屋根調査の様子はいかがだったでしょうか??
カラーベスト屋根には色々な形があるため、紛らわしいですが基本的な材質は一緒なのでどんな形のカラーベスト屋根でも今回のような劣化が出てきます。

屋根調査はこのような状態を1早く発見し、さらなる劣化を防ぐための重要なことです。屋根調査では費用は一切かかりませんのでお気軽に街の屋根屋さん神戸西店にお問合せください!!


今回は過去に1度、塗装工事をしていたのと先々メンテナンスにお金を掛けたくないというお客様のご要望により、カラーベスト屋根を撤去せず工事できるカバー工法を御提案させていただきました。耐久性・断熱性共にグレードアップできる最適な工事です。


今日も1日お疲れさまでした!!

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市垂水区で劣化して受け金具が錆び付いた雨樋を交換しました

経年劣化した雨樋の様子
新設した雨樋の様子
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
足場
使用素材
パナソニック アイアン丸105
築年数
30年
建坪
雨樋30m
保証
10年
工事費用
雨樋交換9万 仮設足場14万 消費税込み
施工事例

神戸市垂水区で劣化して剥がれているベランダ防水の工事をしました

劣化したウレタン防水
通気工法のウレタン防水
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
田島 オルタックエース
築年数
30年
建坪
30㎡
保証
8年
工事費用
防水工事25万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

神戸市垂水区でベランダ上にあるトタン屋根が錆びていたので板金を貼りました

ベランダ上のトタン屋根の様子
工事完了後のベランダ屋根の様子
工事内容
雨漏り修理
足場
使用素材
津熊鋼建 アーカイブ立平333 月星カラーブラウン パナソニックPC50新茶
築年数
40年
建坪
ベランダ屋根7m×1m 破風板9m 雨樋7m
保証
10年
工事費用
ベランダ屋根・破風板・雨樋 一式 18万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

既存の屋根全体の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市長田区にて経年劣化した屋根の無料点検・調査の様子をご紹介したいと思います!【建物情報】・2階建て木造住宅・過去の屋根リフォーム、点検調査歴なし・スレート(カラーベスト)屋根葺き、雨...........

天井にシミができている様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区にて、雨漏りしている瓦屋根の無料点検の様子をご紹介していきたいと思います。瓦屋根のどの部分が原因で雨漏りしているかを徹底的に点検していきます。【建物情報】・2階建て木造住宅の...........

既存の雨樋の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は昨日神戸市須磨区で行った屋根リフォームの続きで、雨樋の交換と雨戸の部分的な塗装の様子をご紹介していきたいと思います。<関連記事>神戸市須磨区で屋根リフォーム!色あせした金属屋根を塗装しま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223