オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

高砂市で経年劣化したスレート屋根をIG工業ガルテクトにカバー工法しました


工事のきっかけ

今回のきっかけは、現在空き家となっているセカンドハウスを古くなってきたので外壁塗装をしてほしい、という話から始まりました。
お家を点検している際、屋根が想像以上に劣化して割れていたため、屋根に関しては塗装ではなく耐久性の強い屋根材を使ったカバー工法を御提案させていただきました。

高砂市 屋根カバー工事,足場

ビフォーアフター

before
劣化したスレート屋根
horizontal
after
棟板金を取り付けた様子

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,足場
施工期間
7日
使用材料
IG工業 スーパーガルテクト シェイドチャコール
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
15年
工事費用
屋根工事90万 足場工事14万 消費税込み
建坪
屋根面積80㎡
ハウスメーカー
棟板金の釘が浮いている様子
屋根点検するために梯子を掛けて昇ってきました。
これは棟板金を固定している為の釘です。劣化して錆びてしまい抜けかけているのがわかります。このまま放置しておくと台風などの強風で棟板金が飛ばされてしまう可能性があり、それにより雨漏りや近隣への物損事故になりかねません。

スレート屋根がズレ落ちている様子
これは屋根のスレート瓦が割れて転がっている状態です。
放置しておくと強風でスレートの破片が飛ばされることもありますし、割れた部分から雨漏りする危険性もあります。
このような状態になっている屋根は早急に応急処置が必要です。
スレート屋根が割れている様子
これはスレート屋根が劣化して割れてしまっている様子です。放置しておくと左の写真のように飛散して2次災害に繋がるので、これも早急な対応が必要ですね。
必ず専門業者に点検依頼してください。

スレート屋根に苔が生えている様子
スレート屋根全体が撥水機能を失い、各所に苔が繁殖しています。
長年塗装などのメンテナンスをしていないスレート屋根はこのように苔が生えてきてしまい、雨漏りに繋がったりひび割れて先ほどのように屋根が飛散するケースが多いです。
こうなる前に塗装などのメンテナンスをお勧めします。
スレート屋根が浮いている様子
これはスレート屋根の重ねているジョイント部分が浮き上がっている様子です。
撥水機能を失うことで、このように反り上がってきてしまいます。隙間に強風が入り込み飛ばされてしまうお家も少なくありません。
屋根を塗装してもこの浮きは治らないので、きちんと治したい方は屋根の葺き替えか、カバー工法をお勧めします。
防水シートを貼っている様子
今回はカバー工法をするので、既存の屋根は撤去せずにスレート屋根の上から防水シートを貼っていきます。
使用するのは日新工業のカッパ23です。ホームセンターで市販されているアスファルト系のカラールーフィングに比べて、値段は少し高いですがゴム成分などが含まれている為、耐久性に優れています。本来ハンマータッカー(ホッチキスみたいなもの)で固定しますが、スレート屋根は固くタッカーの針が刺さらないので、板金を小さく切りビスで固定していきます。
防水シートは下から横に転がして、1段ずつ100ミリ重ねて貼っていくことで雨が漏らない仕組みになっています。ですから手順を間違えるといくら防水シートを貼っても雨を防げないんですね。

防水シートを貼るとその上から板金の水切りを取り付けて屋根を葺いていく下準備をしていきます。

IG工業ガルテクトを葺いていきます

屋根を葺いている様子
今回使用するのはIG工業ガルテクト。
表面はガルバリウム鋼板で出来ており、錆に強くひび割れすることがありません。
屋根材の裏面には厚み12ミリほどの断熱材も貼り付けられており、真夏の暑くなった天井裏の温度を15度も低くする高い断熱効果があります。


屋根を葺いている様子
下から順番に屋根材同士を引っ掛けて葺いていき構造になっている為、以前のスレート屋根のように浮き上がる心配もありません。
さらに釘固定ではなく51ミリのビスを使用し、既存の野地板までしっかり打ち込むことで強度を高めていきます。
屋根を葺いている様子
端部は電動丸ノコで切断して、その屋根の形状に合うように葺いていきます。
切断時は鉄粉や断熱材の粉が出るため、養生しながら切断していき念のため近隣の方には洗濯物などを取り込んでいただくよう声掛けさせてもらっています。
車なども近所にあれば養生シートをかけているほうがいいですね。隙間なくすべて葺き上がると次の工程に進んでいきます。
防水シーラーを貼っている様子
屋根の切断した棟の際に防水シーラーを貼っていきます。
ガルテクトは1段1段の厚みが15ミリ程あるので、棟板金を取り付ける際どうしても隙間が出来てしまうんです。吹き降りの雨が入らないように先に厚み15ミリほどのスポンジのような止水材を仕込んで、吹き降り対策をしておきます。
棟木を付けている様子
次は棟板金の下地となる棟木を取り付けていきます。
厚み16ミリの杉の貫板木材を使用。色んな屋根で幅広く使われている棟板金の下地材です。
先ほど取り付けた防水シーラーを屋根材と挟み込んで、75ミリのビスで既存の野地板までしっかりと固定していきます。
棟板金を取り付けていきます
必要な長さに切断しながら、棟板金が真っすぐ仕上がるように作業していきます。
棟木がガタガタだと棟板金もガタガタになってしまうので要注意です。取り付け後は木くずを掃除して次の工程に移ります。
棟板金を被せた様子
取り付けた棟木の上に棟板金を被せていきます。
32ミリのステンレスのビスを使用することにより、将来錆びることがありません。以前使用していた鉄くぎとは違い強度が全然違います。
端部は加工してジョイント部分には中からと外からコーキングを打ち漏水防止します。
棟板金を取り付けた様子
全て棟板金を取り付けると、ビスの打ち忘れがないか確認していきます。
棟板金は屋根の仕上げ材なので、へこみなどがあると取り替えるしかありません。ですから取り付けをする際は慎重に作業して仕上げていきます。
開口を開けている様子
最後は換気棟を取り付けていきます。
換気棟とは屋根裏にたまった湿気や熱気を外に逃がす自然換気をするためのパーツです。もともと屋根に換気棟が付いていたので新しく取り付けていきます。
まずは屋根に開口を開けてその周りに捨て水切りを取り付けます。
開口廻りに水切りを付けている様子
捨て水切りを取り付けたら換気棟を固定するための棟木を取り付けます。
その他の棟木とラインがそろうように取り付け75ミリのビスでしっかりと固定していきます。
捨て水切りを付けている様子
棟木を取り付けるとさらにその上に捨て水切りを取り付け、2重の防水をします。
屋根に開口を開けているので、そこから漏水しないように徹底的に防水処理を施します。
換気棟を取り付けた様子
捨て水切りを取り付け防水処理が終わると換気棟本体を被せて、32ミリのステンレスビスで棟木に固定します。
写真のように端部はまだ隙間が出来ている為、これで仕上がりではありません。
化粧カバーを取り付けた様子
最後は換気棟に付属で付いているエンドキャップを左右取り付け完成です。
ジョイント部分には中と外からコーキングを使用し止水します。ガルテクトを葺き断熱効果を高めた上に、換気棟を取り付けることでさらに断熱効果を高めることができました。

屋根完成です

完成した屋根の様子
全て取り付け終わると屋根の掃除を行っていきます。
ブロアーで細かいゴミを掃き掃除して、タオルで足型などをキレイに拭いていきます。小さい傷がある場合は、専用のタッチアップ材で補修します。
仕上がった屋根の様子
以前の不安要素がたくさんあるスレート屋根が、撤去することなくグレードアップしました。
耐久性・断熱性・美観性全てをグレードアップすることで長期に渡り使用できる屋根に生まれ変わりましたね。N様も写真を見て大満足の様子でした。
ガルテクトにはこのほか4種類のカラーバリエーションがあり、1ランク上のフッ素グレードもあるのでまたご紹介したいと思います。

【工事完了後】

金属屋根に仕上がった様子
耐久性と断熱効果を高めるため、ガルバリウム鋼板素材で断熱材が付いているガルテクトを葺くことにより美しい屋根に仕上がりました。
全てビスで固定することで、強度も高めたのでお客様も安心していただけました。
屋根はもちろん外壁もきれいに塗装して仕上げたため新築みたいになったと笑顔になっていただけました。
たくさんの工事ありがとうございました!!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淡路市で屋根カバー工法を行いました。断熱効果の高い屋根カバー工法です。

淡路市屋根カバー工法の施工前の様子
淡路市屋根カバー工法施工後の様子
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドチャコール
築年数
40年
建坪
屋根面積130㎡
保証
15年
工事費用
150万 消費税、足場代含む
施工事例

明石市でスレート屋根と、温水器の乗ったトタン屋根をカバー工法しました

劣化したスレート屋根の様子
カバー工法した金属屋根の様子
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
足場
3階建て
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドブルー・津熊鋼建 アーカイブ立平 ネイビー
築年数
30年
建坪
80㎡
保証
15年
工事費用
屋根工事80万 足場工事20万 消費税込み
施工事例

神戸市兵庫区で経年劣化したハイツの屋根をカバー工法しました。

経年劣化したハイツの屋根の様子
カバー工法したハイツの屋根の様子
工事内容
屋根カバー工事
足場
アパート
使用素材
株式会社吉岡 ウッドピースグランデ 色ブラック
築年数
20年
建坪
400平米
保証
15年
工事費用
屋根工事350万 消費税込み 足場代別途

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根カバー工事前のスレート屋根の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は三木市で行った屋根カバー工事の様子をご紹介したいと思います。【屋根カバー工事】既存の屋根材を撤去せず上から新しい屋根材を被せる工事です。葺き替え工事に比べて費用が安く済み、塗装するよりも...........

工事前のトタン屋根

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は三田市にて格安なトタン屋根リフォームをご紹介していきたいと思います。既存のトタン屋根の上から、下地を新設して「津熊鋼建・アーカイブ立平」を葺きました。下地と屋根の強度をしっかりと高めつつ...........

既存のスレート屋根の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市西区にて、スレート屋根の断熱効果を高める断熱屋根工事をご紹介していきます。既存のスレート屋根の上から、断熱材がしっかりと入った「IG工業スーパーガルテクト」をカバー工法することによ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223