オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

神戸市須磨区でベランダ防水工事!低価格なメンテナンス工事です


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。

今日は神戸市須磨区にて、ベランダ床の防水工事を行った様子をご紹介したいと思います。既存のベランダ床はコンクリートで作られており、新築当時から1度もメンテナンスをしていなかったようです。
ひび割れなどが、多数ありましたので雨漏りする前にウレタン防水を使用して低価格でメンテナンスしました(=^・^=)

【須磨区でのベランダ防水工事内容】
・ケレン清掃(既存の床をキレイに掃除します)
・クラック補修(ひび割れた床をコーキングで補修します)
・プライマー塗布(下塗り材)
・ウレタン防水、中塗り(2回塗ります)
・トップコート、上塗り(1回塗ります)
・ベランダ笠木ウレタン防水


ブログの後半で、今回の低価格な須磨区ベランダ防水工事の工事金額もご紹介しますね!!
既存のベランダ床の様子
神戸須磨区の既存のベランダ床の様子です。

35年間、1度もベランダ床のメンテナンスをしていなかったにも関わらず今のところ雨漏りはしていません。しかし、各所にひび割れが出来ている為いつ雨漏りに繋がるかわからない状態です、、、

ベランダや屋根は雨漏りしやすいので、早めにメンテナンスを検討してくださいね(=^・^=)

低価格な須磨区ベランダ防水工事 ①ケレン・清掃

ケレン・清掃している様子
ベランダ防水のメンテナンスとして、まずは既存のコンクリート床をキレイにケレン・清掃していきます。

経年劣化したコンクリートの床は、掃き掃除する前に皮鋤(かわすき)を使用してしっかりと削りなるべく凹凸がないようにしていきます。こうすることで下塗り材との密着性がよくなり、キレイに仕上げることができます。

防水工事には複数のメンテナンス方法がありますが、今回は「ウレタン防水密着工法」という工法です。ベランダを防水でメンテナンスするには1番低価格でオーソドックスな防水工事になります。

低価格な須磨区ベランダ防水工事 ②クラック補修

クラック補修りている様子
ベランダ防水工事でケレン清掃した後は、ひび割れている部分を補修していきます。ベランダや外壁をメンテナンスする際は大事な工程で、ひび割れた部分にコーキングを注入ししっかりと埋めていきます。

このクラック補修をせず、ベランダ防水工事でウレタン防水を流してしまうと数年でひび割れしてしまうので必ず必要な工程です。

笠木のクラック補修
今回、須磨区でベランダ防水工事をする現場には腰壁の天場部分に「笠木」と呼ばれるものが取り付けられており、この部分もコンクリートでひび割れしていたため補修していきます。

ベランダ床と同じく防水するため、ひび割れ箇所にコーキングを注入し平らに仕上げていきます。

低価格な須磨区ベランダ防水工事 ③プライマー塗布(下塗り)

プライマーを塗っている様子
ベランダ床のメンテナンス工事でウレタン防水をする際、大事なのが下塗りのプライマー塗布です。

プライマーとは「最初に塗る塗料」として、防水材や塗料の密着性をたかめるもので防水工事や塗装工事では必ず必要な工程ですプライマーを塗らずに、防水工事や塗装工事をしてしまうと数年で剥がれてしまうので要注意ですよ(>_<)
プライマー塗布完了
下塗り材であるプライマーは、ローラーを使用してまんべんなく塗っていきます。

塗り残しがあるとその部分だけ防水材が剥がれやすくなるので、しっかりと確認しながら塗っていきます。夏の暑い時期はすぐに乾きますが、冬の寒い時期は1時間ほど乾くのを待ってから次の工程です(=^・^=)

低価格な須磨区ベランダ防水工事 ④ウレタン防水(中塗り)

中塗りしている様子
ベランダ床のメンテナンス工事でウレタン防水をする際の主役!!ウレタン材を中塗りとして塗っていきます。

この中塗りに使用するウレタン防水材で雨の侵入を防ぐため、1回ではなく2~3回重ねて塗ることにより膜厚が付いて耐久性が長くなります。プライマーと同じくローラーを使用してむらなく塗っていくのがポイントですね。

立ち上がりを中塗りしている様子
ベランダ防水でウレタンを中塗りする手順は、まず立ち上がり部分から先に塗っていくことがポイントです。床部分を先に塗ってしまうと、立ち上がり部分を塗ったウレタン防水材が垂れてしまいむらができやすいんですね(>_<)

塗料系の工事をするときは「上から」が基本です。余談ですが屋根工事は「下から」が基本ですよ。水は上から下に流れてくるので屋根工事はその逆からしないと雨漏りします。
中塗り完了の様子
ベランダ防水工事のウレタン中塗り作業が終わりました。

床、立ち上がり部分共に2回3回と重ねて塗ることで、しっかりと膜厚の付いた防水層の完成です。笠木の天場部分も同じ工程で進めていきます。中塗りウレタン防水材が乾くのは時間がかかるため、初日の作業はここまで!!

1日しっかりと乾かして、翌日仕上げ作業に取り掛かります(=^・^=)

低価格な須磨区ベランダ防水工事 ⑤トップコート(上塗り)

トップコートを塗っている様子
須磨区ベランダ防水工事の2日目!!

仕上げ材となるトップコートを塗っていきます。トップコートとはウレタン防水材を保護するための仕上げ塗料で、塗ることによりウレタン防水材の耐久性がさらに長くなります。

ベランダや屋上のメンテナンス工事として、既存の状態が良好な場合はトップコートのみを塗ってメンテナンスする方法もあるんですよ。(トップコートのみ塗り替えの場合はさらに低価格で済みます)

ローラーを縦横に転がして塗ることにより、むらのないキレイな仕上がりになります(=^・^=)


低価格な須磨区ベランダ防水工事 ⑥笠木の防水

笠木を防水した様子
笠木の部分もトップコートを塗っていきます。

防水工事のトップコートの色は基本的にこの様なグレー色ですが、お客様の好みに合わせて何色でも作ることができます。オーダー色は若干、材料費が高くなりますけどね、、、

須磨区のベランダ防水メンテナンス工事の終わりに

ベランダ防水の仕上がった様子
35年間、雨漏りせず頑張ってきたベランダ床と笠木のコンクリート部分がウレタン防水を塗ることでキレイに仕上がりました。撥水機能も抜群で掃除がしやすくなると思います(=^・^=)

今回は外壁塗装や、屋根の葺き替え工事を同時にしたため仮設足場を組んでいますがベランダ防水工事のみでしたら足場の設置も必要ありません。

工事期間は2日間でしたが、今回の神戸市須磨区のベランダ防水工事の費用は税込みで7万円!!お客様も大満足でした。ベランダや屋上の防水工事でお悩みの方は、街の屋根屋さん神戸西店にお問合せくださいね!!


今日も1日お疲れ様でした!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市垂水区で劣化して剥がれているベランダ防水の工事をしました

劣化したウレタン防水
通気工法のウレタン防水
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
田島 オルタックエース
築年数
30年
建坪
30㎡
保証
8年
工事費用
防水工事25万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

神戸市西区で劣化した屋上に塩ビシート防水を貼りました

古くなったゴムシート防水
新しい塩ビシート防水
工事内容
防水工事
外壁塗装
足場
アパート
使用素材
田島 塩ビシート ビュートップV16
築年数
30年
建坪
180平米
保証
15年
工事費用
防水工事 130万 足場工事15万 消費税込み

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市須磨区で劣化した瓦屋根を金属屋根に葺き替えしました

40年経過した瓦屋根の様子
金属屋根に葺き替えた様子
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドグリーン
築年数
40年
建坪
58平米
保証
15年
工事費用
屋根工事80万 足場工事12万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市西区で行ったベランダ防水工事の仕上がり

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は梅雨前にお勧めの、ベランダ防水工事をご紹介したいと思います。これから雨が多くなってくる季節になりますが皆さんのお家のベランダに施工されている防水は大丈夫ですか??ひび割れや表面の塗膜の劣...........

三木市での防水リフォーム工事前のFRP防水

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は三木市で行った防水リフォーム工事をご紹介します(=^・^=)防水リフォーム工事には様々な工法があり、既存の防水層の種類や雨漏りしているかしていないかで防水リフォーム工事の工法は異なります...........

神戸市垂水区で行った屋上修理前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区で行った、屋上修理をご紹介したいと思います。近年では少なくなっていますが、「屋上」に屋根ではなく防水を施工しているお家も少なくありません。屋上に防水施工されているお家は屋根と...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223