オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

淡路市で瓦屋根修理を行いました!瓦屋根にも修理は必要です


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。
今日は淡路市で行った瓦屋根修理の様子をご紹介したいと思います(=^・^=)

【瓦屋根修理のタイミング】
・淡路市での多くのお家の屋根に「瓦屋根」は使用されています。近年では多くなってきたスレート屋根に比べて、耐久年数は40年以上と言われています。しかし、瓦屋根のズレやひび割れや漆喰の劣化などの症状が20年くらいで出てきます。

淡路市での瓦屋根修理前の「のし瓦」の様子

淡路市での瓦屋根修理前の様子
今回、淡路市で瓦屋根修理を行ったきっかけは「のし瓦の落下」でした。

【のし瓦とは?】
・棟瓦の下や壁際などに施工されている細長い板のような瓦の事を言います。場所によっては2~3段と積み重ねられており、1段ずつ少しずらして積んでいくことにより雨水の侵入を防ぐことができます。のし瓦の中には下地となる土が入っている為、雨水が侵入してしまうと雨漏りの原因となってしまうので要注意です。
また、のし瓦の枚数を多く重ねることで、屋根のデザイン性などを高めているお家も少なくありません。

瓦屋根修理で「のし瓦」を積み替える工事を淡路市で行いましたが、のし瓦がズレているのを放置しておくと今回のように落下して大変危険です。2次災害につながる前に早めの瓦屋根修理をお勧めします(>_<)

淡路市での瓦屋根修理前でのし瓦がズレている様子
今回、淡路市で瓦屋根修理を行ったお家は過去に「のし瓦のズレ補修」を行っていた様子でした。

2段目に設けられたのし瓦と雨押え板金との取り合い部分に劣化して白くなった「コーキング」が見受けられました。釘固定されていない瓦屋根を修理する際にコーキングを用いた「ラバーロック工法」というものがあります。

これは瓦と瓦のすき間にコーキングを塗って引っ付けることにより、先々の瓦屋根のズレや飛散を防止するための工法です。しかし、コーキングの耐久年数は5~7年程度でこのように剥離して再び瓦屋根がズレてくる可能性が高いです(>_<)

<関連記事>

淡路市での瓦屋根修理 ①既存ののし瓦撤去

淡路市瓦屋根修理でのし瓦を撤去した様子
今回の瓦屋根修理では「のし瓦の積み替え」を行います。

既存ののし瓦はジョイント部分からの漏水により中に仕込まれている土との密着性が完全に失われていました。基本的に昔の瓦屋根は釘固定されておらず、土との密着性により固定されています。

しかし、地震や強風などの建物の振動により密着性が低下し、結果として今回のような瓦屋根の落下に繋がってしまうのです。

瓦屋根修理を行うために、まずは既存ののし瓦を全て撤去しました。
淡路市での瓦屋根修理でのし瓦の中の土を撤去した様子
瓦屋根修理で壁際に施工されていたのし瓦を全て撤去すると、中に仕込まれていた土もキレイに撤去して掃除していきます。

粘着力が低下した土を残していても意味がないため、全ての土を取り除くことが今回の瓦屋根修理の第一工程となります。瓦屋根修理で撤去した土は土のう袋に入れて下まで降ろしていきます。細かい土ホコリが残っていると風などで飛散して近隣にご迷惑をかけてしまいますので、丁寧な掃除が必要ですよ(=^・^=)

屋根工事をする数日前にはご近所様へ「工事前のご挨拶」を必ず行うことが大事ですね。

淡路市での瓦屋根修理でのし瓦と土を撤去した様子
既存ののし瓦と土を全て撤去して、屋根上もキレイに掃除しました。

瓦屋根修理では土がよく出るので、一作業後との掃除が大事です。下に降ろしたのし瓦と土はそのまま作業車に積み込んで、お家の廻りもキレイな状態にしておきます。

近年では瓦屋根修理業者はたくさんいますよね?実際に瓦屋根修理を行って良い意見と悪い意見をお持ちの方も多くいらっしゃると思います(>_<)どのような業者を選ぶのが正解か難しいですが、下記の記事も参考にしてみてください!!

淡路市での瓦屋根修理 ②のし瓦新設

淡路市での瓦屋根修理でのし瓦を新設した様子
淡路市での瓦屋根修理で、のし瓦を新設しました。

これまでのし瓦を固定するために使用していた土は一切使用せず、「シルガード」と呼ばれる「南蛮漆喰」を使用しました。その名の通り漆喰の一種ではありますが、シリコンが含まれているため防水性や強度が高くなっている商品です。

瓦屋根修理でシルガードを打設した上から新しいのし瓦を2段積んでいきました。のし瓦を積んでいく際、将来的にズレてこないようのし瓦のジョイント部分にコーキングを仕込んでいきます。表面からコーキングが見えてしまうと不細工なため、見えない部分にコーキングを仕込んで瓦屋修理を行っていきます。
淡路市での瓦屋根修理で工事完了後の様子
全てののし瓦を積み終えると、淡路市での瓦屋根修理は完了です。

漆喰の代わりに打設したシルガードの廻りも、白い汚れが残らないようにキレイに掃除しました。細かいほこりなどはブロアーで吹き飛ばし作業終了です(=^・^=)

部分的な瓦屋根修理でしたが、お客様の不安をなくし安全を確保できたので大変喜んでいただけました。街の屋根屋さん神戸西店では、大きな屋根工事から小さな屋根工事まで精一杯務めさせていただきます!!

淡路市での瓦屋根修理は街の屋根屋さん神戸西店にお任せください。
今日も1日お疲れ様でした!!

同じ地域の施工事例

施工事例

淡路市で屋根カバー工法を行いました。断熱効果の高い屋根カバー工法です。

淡路市屋根カバー工法の施工前の様子
淡路市屋根カバー工法施工後の様子
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドチャコール
築年数
40年
建坪
屋根面積130㎡
保証
15年
工事費用
150万 消費税、足場代含む
施工事例

淡路市で屋根葺き替え工事をしました。重たい瓦から軽い瓦へ

淡路市屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子
淡路市屋根葺き替え工事後の屋根の様子
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンオレンジ
築年数
40年
建坪
屋根面積70㎡
保証
15年
工事費用
120万 消費税込み 足場代別

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市で行ったアスベスト含有屋根材の撤去処分前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市で行った「アスベスト含有屋根材の撤去、処分」についてご紹介したいと思います。【皆さんもご存じのアスベストとは?】・アスベストは天然に産する繊維状の鉱物で「石綿」とも呼ばれていますね...........

神戸市北区で行った波板交換前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市北区で行った波板交換の様子をご紹介したいと思います。既存の波板はブリキで出来ている金属波板で、長年メンテナンスされてなかったので錆がひどく穴が開きそうな状態でした(>_<...........

神戸市垂水区で行った屋根修理前のカラーベスト屋根の様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根やさん神戸西店です。今日は神戸市垂水区で行った屋根修理の様子をご紹介したいと思います。【神戸市垂水区で行った屋根修理の内容】・傾斜の緩い屋根に葺かれていた「カラーベスト」の上からのカバー工法です。傾斜の緩い屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223