オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

加古川市で劣化したトタンをカバー工法し腐った破風板に板金を巻きました


工事のきっかけ

今回のきっかけは、長年放置していたトタンの庇から雨漏れがしているとのお問い合わせがありました。さらに木の破風板も腐ってきているとお聞きしました。
現地でお客様にヒアリングさせていただき、どうせ治すなら完璧に治してほしいというご意見を頂いたので、トタンと破風板のカバー工法をご提案させていただきました。

加古川市 破風板板金巻き工事,破風板・軒天部分補修,屋根カバー工事,雨漏り修理,足場 トタン屋根、破風板のカバー工法・笠木の交換

ビフォーアフター

before
劣化した庇の様子
horizontal
after
カバー工法した庇の様子

工事基本情報

施工内容
破風板板金巻き工事,破風板・軒天部分補修,屋根カバー工事,雨漏り修理,足場
施工期間
1日
使用材料
月星 ガルバリウム鋼板 0,4ミリ
施工内容その他
トタン屋根、破風板のカバー工法・笠木の交換
築年数
40年
保証年数
10年
工事費用
庇、破風板カバー工事8万 足場工事6万 消費税込み
建坪
トタン5平米 破風板7m 足場2スパン
ハウスメーカー

初回点検の様子

劣化した庇の様子
ご依頼を受けたので加古川市のT様邸にお邪魔しました。
奥様の話では以前から2階のベランダの屋根から、雨漏りがするとのことでした。既存の屋根は木造下地にトタンを貼り付けたもので、雨樋が屋根の内側を通る仕組みになっています。この仕様は40年前のお家に良くある工法で、過去に何度も同じようなご依頼を受けてきました。
屋根に昇り、状態を確認すると全体に錆が出ていましたが特に穴が開いている様子はなし。
雨水を排水するためのドレンが1か所あり、その周りが劣化して浮いていたので雨漏りの原因はドレン周りと判断しました。T様に写真を見てもらい、過去の経験から板金を加工してカバー工法で施工するご提案をさせていただきました。その他、このベランダ屋根の周りを囲む木材の破風板が腐っていたため、破風板も板金でカバーするご提案をさせていただきました。

傷んだトタンにガルバリウム鋼板をはめ込みます

新しい板金を貼っている様子
既存の屋根にすっぽりとはまるように現地でガルバリウム鋼板の平板を加工していきます。このような現地加工をするには、高い技術力が必要ですから、しっかりと経験の積んだ職人が採寸・加工します。
材質はガルバリウム鋼板という鉄とアルミを混ぜてできた板金材で、錆に強く長い耐久年数が期待できるため多くの屋根に使われています。
なるべくつなぎ目ができないように1枚物で加工し、慎重にはめ込みます。立ち上がり部分にのみビス固定し、将来的に漏水しないように気を付けて作業していきます。


笠木を付けている様子
今回のような内樋式になっている屋根には、ほとんど笠木という板金がついています。
笠木は屋根の周りを囲む破風板や、パラペット(低い手すり壁のようなもの)の天場を雨からしのぐための仕上げ材で傘の役割を果たします。ここも傷んでいるので、加工したものを取り付けていきます。材質は同じガルバリウム鋼板で、現場によってはステンレス製やアルミ製のものもあります。
屋上防水の周りや、ベランダの腰手すりの天場にも良く笠木を使用していますね。

問題となっていたドレンの取り付け

新設したドレンの様子
屋根板金を取り付けると、排水部分のドレンを取り付けます。既存のドレンの直径を測り、ガルバリウム鋼板の平板で筒を作ります。この作業も経験がいるため、手慣れた職人の仕事です。筒を作り1センチほどの縁をたたき出して作ります。
加工したドレンを既存のドレンにはめ込んで、周りをしっかりとコーキング処理します。これで雨漏りしていたトタンは完璧に治りましたね。

腐った破風板に板金を巻いていきます

破風板に板金を取り付けた様子
屋根の修理が終わると、今度は腐ってボロボロになっていた破風板に、同じくガルバリウム鋼板で加工した破風板板金を取り付けていきます。
破風板は最も人目に付く場所なので、少しの傷やへこみがあれば使用できません。運搬時から気を使い、施工前にも傷がないか確認して取り付けていきます。固定するのも、あまりたくさんのビスや釘を使用すると見た目が悪いので、最低限の量で固定します。かといって強度が弱いと将来的にめくれる危険性が高いので、既存の木材と新設した破風板板金の間にコーキングを挟み接着します。
こうすることで、少ないビスでも強度が出るんですね。
破風板板金の様子
既存の破風板にはいろんなものが付いていることがあります。テレビのアンテナや、電柱からの引き込み線など様々です。これらを切りかいて破風板板金を取り付けると、どうしても漏水するリスクが高くなるため、なるべく脱着します。
少し手間がかかる場合もありますが、脱着するほうが水仕舞いも良く見た目もいいですよね。全て取り付け終わると、タオルで拭いて仕上がりです。

足場を解体しT様にご挨拶です。完工後に工事の工程写真を見ていただき大変喜んでいただけました。また何かあれば宜しくお願いします!!

【工事完了後】

カバー工法した庇の様子
錆びて穴の開いたトタン屋根と腐食してボロボロになった破風板に、耐久性の高いガルバリウム鋼板をカバー工法することにより見違えるような庇になりました。錆にも強い商品なので長い年月活躍してくれます。
お客様も安心した様子で、帰り際に笑顔で見送っていただきました。
工事させていただきありがとうございました!!
カバー工法した破風板の様子

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

破損している破風板の様子

皆さんお疲れ様です!!今日は昨日三木市で工事した、破風板のメンテナンス工事をご紹介します。三木市にお住いのU様から台風で物が飛んできて、屋根の破風板が破損したので何か良い補修方法がないかとご相談を受けました。破風板は屋根の側面(ケラバ)や先...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223