オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

三田市にてスレート屋根葺き替え工事!アスベストは処分費が高い?!


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。

今日は三田市にてアスベスト含有のスレート屋根葺き替え工事をご紹介しまスレート屋根には様々な種類がありますが、今回ご紹介するスレート屋根は「カラーベスト」です。

「カラーベスト」は阪神淡路大震災以降、瓦屋根を軽量化する目的で多くのお家の屋根材として世に出回りました。しかし、その軽量化するためのスレート屋根にはアスベストが使用されており、2006年「労働安全衛生法施工令」によりアスベスト含有の建材が廃止になったため2020年現在では使用されていません。


そんなアスベスト含有スレート屋根材を撤去し、さらに軽量化された屋根材への葺き替え工事をご紹介していきます(=^・^=)

既存のスレート屋根の様子
今回、スレート屋根の葺き替え工事をさせていただく屋根の形状は4面寄棟のスレート屋根です。

【建物情報】
・2階建て木造住宅(カラーベスト葺き)
・築年数30年(12年前に塗装)
・スレート屋根から雨漏りあり

スレート屋根葺き替え工事前点検で、雨漏りにより既存の下地が腐食していることが分かったため費用は嵩みますがアスベスト入りのスレート屋根を撤去する葺き替え工事を御提案しました。



三田市アスベスト入りスレート屋根葺き替え ①撤去

スレート屋根を撤去している様子
三田市にて、スレート屋根の葺き替え工事をするためアスベスト入りのスレート屋根を撤去していきます。

屋根材にアスベストが混入されているからと言って、直接的に人体には影響ありません。しかし、アスベスト入りのスレート屋根を切断などして出る粉じんを吸い込むと問題があるためスレート屋根を撤去するときは、一切切断作業は致しません。

近隣の方も気にするので、慎重にスレート屋根の撤去作業を進めていきます。
スレート屋根を重ねている様子
スレート屋根のカラーベストは4本の釘で固定されている為、バールを使用して1本ずつ抜き撤去していきます。

解体したスレート屋根は運びやすいように何枚か重ねて仮置きし、電動ウインチで屋根の下まで降ろしていきます。屋根の上から「掘り投げる」などの行為は粉じんが出る可能性があるので厳禁です(>_<)

防水シートを剥がしている様子
アスベスト入りのスレート屋根を撤去し終わると、既存の防水シートも撤去していきます。

屋根葺き替え工事で防水シートを撤去する際は、熱で引っ付きとりにくいのですが雨漏れしている下地材の様子を目視するためにも必要な作業です。

既存の下地材が雨漏れによってどのようになっているかを、確認するための作業ですね(=^・^=)

三田市アスベスト入りスレート屋根葺き替え ②下地工事

神戸市垂水区での屋根葺き替え工事で下地用合板を貼った様子
アスベスト入りのスレート屋根撤去作業が完了すると、既存の下地材を補強するために下地用合板を貼っていきます。

下地用合板は厚み12ミリと9ミリの2種類がありますが、強度が強いのは当然12ミリのほうなので屋根下地には毎回12ミリの下地用合板を使用するのが街の屋根屋さん神戸西店流です。

今回スレート屋根葺き替え工事で使用する下地用合板は「針葉樹木材の12ミリ」で新築戸建ての屋根下地などにも幅広く使用されている屋根下地材です。

神戸市垂水区での屋根葺き替え工事で防水シートを貼っている様子
スレート屋根葺き替え工事で新設した下地用合板の上から、雨を防ぐための防水シートを貼っていきます。

防水シートは幅1mの長さ20mで様々な種類があり、物によって耐久年数が変わってくるため下葺き材ですが素材選びは重要です。

ハンマータッカー(ホッチキスのようなもの)で飛ばないように固定していきます。
防水シートを貼った様子
屋根全体に防水シートを貼ると雨が降ってきても、雨漏りしません。

屋根葺き替え工事で防水シートを貼ることは当たり前の作業ですが、貼り方を間違えると雨漏りしてしまうので手慣れた職人が作業するのがいいと思います(=^・^=)



三田市アスベスト入りスレート屋根葺き替え ③屋根葺き

屋根を葺いている様子
アスベスト入りスレート屋根材の代わりに、「IG工業スーパーガルテクト」を葺いていきます。

街の屋根屋さん神戸西店では屋根葺き替え工事や屋根カバー工法で良く使用するお勧めの屋根材です。この屋根材には当然アスベストは入っていません(=^・^=)

【IG工業スーパーガルテクトの特徴】
・スレート屋根よりも軽量でお家に負担がかからない
・断熱材が取り付けられており断熱効果が非常に高い
・ガルバリウム鋼板で出来ている為、錆に強く割れることがない
・引っ掛け工法により地震や台風に強い


屋根を葺いている様子
今回、三田市でスレート屋根葺き替えに使用する「IG工業スーパーガルテクト」は軽量で作業効率も良いため、人件費も抑えることができます。

スレート屋根の葺き替え工事やカバー工法をする際に「IG工業スーパーガルテクト」を選択される方は多く、街の屋根屋さん神戸西店ではでも一押ししています。

三田市アスベスト入りスレート屋根葺き替え ④棟板金取り付け

棟木を取り付けている様子
アスベスト未使用の「IG工業スーパーガルテクト」を葺き終えると、スレート屋根葺き替え工事の仕上げして棟板金を取り付ける準備をしていきます。

写真に写る木材は「棟木」と呼ばれる棟板金を固定するための下地木材で、防腐処理されたものや樹脂製のものなど材質は様々です。「棟木」は腐りやすいため防腐性に優れた物を使用してくださいね(=^・^=)
棟板金を取り付けている様子
スレート屋根葺き替え工事の仕上げ材、棟板金を取り付けていきます。

棟板金は屋根と屋根の接合部分から雨の侵入を防ぐための仕上げ材で、スレート屋根や金属屋根に使用されているものです。しかし、強風で飛散しやすいため棟板金を取り付ける際は強度の出る施工方法が求められます。

三田市アスベスト入りスレート屋根葺き替えの終わりに

屋根断熱工事の仕上がりの様子
三田市の皆さんいかがでしたか?

アスベストが混入されている屋根だからと言って人体に影響はありませんが、雨漏りなどで屋根葺き替え工事が必要になった際はスレート屋根の処分費用が高くつきます。

※アスベスト入りスレート屋根の処分費 1㎡当たり3000円~5000円(撤去作業費込み)

基本的にスレート屋根(カラーベスト)の場合、既存の下地の状態が良好であればスレート屋根を撤去せずカバー工法で屋根をリフォームすることができるので、早めにご検討くださいね(=^・^=)


今日も1日お疲れ様でした!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

淡路市で屋根葺き替え工事をしました。重たい瓦から軽い瓦へ

淡路市屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子
淡路市屋根葺き替え工事後の屋根の様子
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンオレンジ
築年数
40年
建坪
屋根面積70㎡
保証
15年
工事費用
120万 消費税込み 足場代別
施工事例

三木市で経年劣化した瓦屋根を耐久性の高いルーガに葺き替えました

経年劣化した瓦屋根の様子
ルーガに葺き替えた様子
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンブラウン
築年数
40年
建坪
120㎡
保証
15年
工事費用
屋根工事200万 足場工事15万 その他の工事(波板、外壁塗装、軒天)100万 消費税込み
施工事例

神戸市北区で経年劣化した波板を撤去しポリカ波板を貼りました

劣化してボロボロになった波板の様子
ポリカ波板を取り付けてキレイになった様子
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
タキロン ポリカ波板 遮熱カットタイプ 色ブロンズマット
築年数
30年
建坪
20平米
保証
5年
工事費用
8万円 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市で行ったアスベスト含有屋根材の撤去処分前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市で行った「アスベスト含有屋根材の撤去、処分」についてご紹介したいと思います。【皆さんもご存じのアスベストとは?】・アスベストは天然に産する繊維状の鉱物で「石綿」とも呼ばれていますね...........

神戸市垂水区で金属屋根葺きをした完工後の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は、昨日ご紹介した屋根葺き替え工事の続きをご紹介します(=^・^=)補強した下地の上から金属屋根を葺き、断熱効果と耐震性を高めていきます。【金属屋根葺きの工事内容】・水切り取り付け・金属屋...........

神戸市垂水区で行った屋根葺き替え工事前のスレート屋根

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区で行った屋根葺き替え工事の前半部分をご紹介します(=^・^=)【屋根葺き替え工事内容】・既存のスレート屋根 撤去処分・下地用合板貼り・防水シート貼り本日、ご紹介するのはここま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223