オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

三田市にて瓦屋根、修理前点検!火災保険の申請代行を行いました


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。

今日は三田市で、火災保険を申請するために過去の台風により被害を受けていた瓦屋根の修理前点検を行いました。強風で棟瓦や地瓦がズレており、屋根修理が必要な状態です。
屋根修理に火災保険を適用させるため、正確な瓦屋根点検をしお客様に工事費用の負担が少なく済むように頑張ります!!

【建物情報】
・2階建て木造住宅(瓦屋根葺き)
・築年数40年
・8年前に増築工事(瓦屋根も補修)

淡路市での雨漏り点検での既存の瓦屋根の様子
火災保険の申請代行をするため、三田市のお客様のもとへ行き台風被害にあった瓦屋根に昇ってきました。

今回の点検する屋根の形状は「寄棟の棟違い」です。比較的シンプルな形状で、8年前に既存の棟瓦を再利用した、棟瓦の積み直しで屋根補修しています。


自然災害での瓦屋根補修に火災保険申請が適応できることを知らない方が多く、三田市でも多くのお客様のお家で火災保険の申請代行をやってきました。被害を最小限に抑えるために、屋根点検は大事なんですよ(=^・^=)


三田市、火災保険申請代行の瓦屋根点検 ①棟瓦

棟瓦の様子
写真で指をさす瓦屋根の真ん中にあるものが「棟瓦」です。

「棟瓦」は屋根と屋根の接合部分から雨の侵入を防ぐための仕上げ材ですが、自然災害などで被害を受けやすく火災保険を使用して「棟瓦」の屋根修理することも」少なくありません。瓦屋根点検しないと中々気付かないですけどね(>_<)

【棟瓦に使用されているもの】
・冠瓦(仕上げの傘となる半丸型の瓦)
・のし瓦(基本的に飾りの瓦)
・粘土土(棟瓦の土台と接着材)
・漆喰(瓦と瓦のすき間を埋める止水材)
・銅線(棟瓦を結束させる針金)

棟瓦が飛散している様子
棟瓦の冠瓦が強風の影響で浮き上がっています。

浮き上がっているせいで中に仕込まれている粘土土が露出していますね、、、火災保険申請が適応される瓦屋根被害です。

屋根点検をしないと気付かない被害箇所はたくさんあります!!

【放置しておくと?】
・冠瓦が飛散して2次災害尾へ
・棟瓦からの雨漏り
・粘土土が雨で流される
棟瓦を結束している銅線
強風で冠瓦が浮き上がり、棟瓦を結束している銅線が伸び切っています。

銅線は劣化すると酸化して切れやすいので、近年の瓦屋根修理ではステンレス製の針金を使うことが多いです。

【瓦屋根飛散に関する関連記事】
のし瓦がズレている様子
棟瓦の1部「のし瓦」がズレている様子です。

1段目の「のし瓦」は銅線で結束されていない部分になるので、このようにズレ落ちてくることが多いです。経年劣化により中の粘土土との密着性が弱くなり、このようにズレ落ちてきます。

この状態は火災保険申請が適用されにくいですが、瓦屋根点検をしてこのような状態が見つかっても、場合によっては火災保険が適応されることがあるので諦めずに火災保険申請しましょうね(=^・^=)

【放置すると?】
・強風などにより、飛散や落下し2次災害へ
・棟瓦が崩れることによる雨漏り

三田市、火災保険申請代行の瓦屋根点検 ③漆喰

漆喰が剥がれている様子
瓦屋根点検で、三田市の瓦屋根に使用されている「漆喰」をみていきましょう。

漆喰は瓦屋根のすき間から雨の侵入を防ぐための止水材ですが、経年劣化により剥がれやすいです。特に、漆喰工事で既存の漆喰の上から新しい漆喰を打つ「増し打ち」には十分気を付けてください。
「増し打ち」は剥がれやすく、雨漏りに繋がることが非常に多いため漆喰工事をするときは「打ち替え」が基本です。

【放置すると?】
・瓦屋根との隙間から漏水し雨漏りしやすい

漆喰の経年劣化は火災保険が適用されにくいです(>_<)

漆喰のすき間から苔が生えている様子
瓦屋根に使用している漆喰のすき間から苔が繁殖している様子です。

これも経年劣化から来る減少で、火災保険申請は適用されにくいと考えられます。瓦屋根にはどうしても隙間ができるため、吹き降りなどの雨が中の粘土土を濡らしてしまい10年程度でこのように苔が繁殖してしまうんです(>_<)

三田市、火災保険申請代行の瓦屋根点検 ④地瓦

瓦屋根がズレている様子
写真の真ん中、瓦屋根が1枚ズレていますね、、、明らかに強風により瓦屋根がめくりあげられている様子なので、火災保険が適用される状態だと言えます。

まだましなほうですが、2年前の台風21号では重たい瓦屋根がたくさん飛ばされたんですよ(>_<)屋根点検は見えない部分の大事な屋根を守るために行うもので、火災保険申請も「完全無料」ですからお気軽にお問合せしてくださいね!!


瓦屋根が浮いている様子
この部分も瓦屋根が強風の影響で浮き上がっています。

割れたりはしていないものの、隙間が大きく開いてしまい雨が入りやすい状態です。中に貼られてある防水シートのおかげで雨漏りはしていないようですが、屋根の劣化を早めてしまうので屋根点検でこのような状態が見つかった際は必ず屋根点検してくださいね!!

このような瓦屋根の飛散には、火災保険申請で適用されやすい「ラバーロック工法」がお勧めですよ(=^・^=)

瓦屋根の中身の様子
三田市の瓦屋根点検で、瓦を1枚めくって中の状態を確認しました。

粘土土の状態や防水シートの状態を見る限り、8年前の瓦屋根修理で地瓦本体も「葺き治し」を行っていたとわかりました。しかし、昔ながらの土葺き工法で「葺き治し」を行っていたので釘固定されておらず、強風に負けたと思われます。

三田市、火災保険申請代行の瓦屋根点検の終わりに

街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
【屋根修理で火災保険申請に必要なもの】
・火災保険申請書(火災保険会社から送られてくる)
・被害状況報告書(火災保険会社から送られてくる)
・被害状況の写真(専門業者に依頼)
・屋根修理の見積書(専門業者に依頼)

三田市で行った瓦屋根点検の結果、様々な被害状況と経年劣化している部分が分かりましたね。

【火災保険会社に出した見積内容】
・仮設足場(税込み18万円)
・棟瓦の積み替え(税込み38万)
・地瓦のラバーロック(税込み17万円)

屋根修理の火災保険申請で合計63万円がお客様のもとへ振り込まれたので、実質10万円で完璧な瓦屋根修理ができました。火災保険にご加入の皆さん、被害を受けたときは是非ご活用くださいね(=^・^=)

今日も1日お疲れ様でした!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三木市で経年劣化した瓦屋根を耐久性の高いルーガに葺き替えました

経年劣化した瓦屋根の様子
ルーガに葺き替えた様子
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンブラウン
築年数
40年
建坪
120㎡
保証
15年
工事費用
屋根工事200万 足場工事15万 その他の工事(波板、外壁塗装、軒天)100万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市西区で行った波板工事前のお見積もりで波板が飛散して無くなっている様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市西区でガレージに施工していた波板が飛散してしまったお客様のもとへ、波板工事のお見積もりに行ってきました(=^・^=)経年劣化した波板を交換するにはどのくらいの費用が掛かるのでしょう...........

台風被害で瓦屋根が崩壊した様子 火災保険適応

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区にて台風被害を受けた屋根の調査をご紹介します。皆さんは火災保険が屋根の修理に適用される可能性があることをご存じですか?火災保険が100%適応されるとは限りませんが、台風被害状...........

瓦屋根がズレている様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は三木市で行った瓦屋根の点検・調査の様子をご紹介したいと思います。過去の台風により瓦屋根がズレている様子で、屋根修理に火災保険を使用したいという事でした。屋根工事に関する火災保険の申請は街...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223