オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

淡路市で屋根修繕!!経年劣化した棟板金を交換しました


皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。

今日は淡路市で行った屋根修繕の様子をご紹介します。スレート屋根に取り付けられている「棟板金」を交換することで、強風による飛散の心配を解消しました(=^・^=)

【建物情報】
・2階建て木造住宅(スレート屋根葺き)
・築年数15年(屋根修繕歴なし)
・雨漏りの経験なし

【屋根修繕のきっかけ】
・強風により「棟板金」が1部飛散していたため、屋根修繕依頼を受けました。ご自宅で火災保険に加入されていたため、火災保険を使用しての屋根修繕工事です。

淡路市での屋根修繕前のスレート屋根の様子
淡路市で行った屋根修繕前のスレート屋根の様子です。

今回、屋根修繕するスレート屋根は「カラーベスト」と呼ばれる屋根材を葺いており、阪神淡路大震災以降に普及した軽い屋根材で2021年現在では新築戸建てやリフォーム現場で幅広く使用されている屋根材です。
スレート屋根の屋根修繕方法は様々で、築年数や屋根の劣化状態によって屋根修繕方法を変えています。

【スレート屋根の屋根修繕方法】
・棟板金の交換、スレート屋根の差し替え
・屋根カバー工法
・屋根葺き替え工事

今回、淡路市で行った屋根修繕は「棟板金の交換」で屋根修繕の中では費用の安い方法です。(屋根修繕費用70,000円税込み)

<関連記事>

淡路市での屋根修繕で棟板金を撤去

淡路市での屋根修繕で棟板金を撤去している様子
【棟板金とは?】
・屋根と屋根の接合部分から雨水の侵入を防ぐための仕上げ板金材です。スレート屋根と違って金属で出来ている為、ひび割れすることはありませんが台風などの強風により飛散しやすいため、屋根修繕が最も必要な屋根の一部と言えるでしょう。

屋根修繕で棟板金を交換するため、既存の棟板金を撤去していきます。既存の棟板金は釘で固定されていましたが、強風や棟板金の太陽熱による伸縮のため、何本か釘が抜けていました。
淡路市での屋根修繕で棟板金を撤去している様子
棟板金を固定している釘を1本ずつ手作業で抜いて、棟板金を全て撤去していきます。

今回、淡路市で行った棟板金のみを交換する屋根修繕では、仮設足場を組まずに作業するため安全を確保しながら丁寧に作業していきます。屋根修繕で棟板金を撤去する際は、抜いた釘などは下に落とすとお客様やペットに危険が及ぶので全て袋に入れて1本も落ちないように気を付けて作業することが大事です(=^・^=)

淡路市での屋根修繕で棟木撤去

淡路市での屋根修繕で棟木を撤去している様子
棟板金を全て撤去すると、古くなった棟木も撤去していきます。

既存の棟木はその名の通り「木材」ですから、15年~20年で棟板金のすき間から侵入した雨水や湿気により腐食してしまいます。屋根修繕で棟板金を交換するときは「棟木」も一緒に交換し少しでも長持ちさせるような材料選定が大事ですよ(=^・^=)

強風などによる棟板金の飛散が心配の方は早めの屋根修繕をご検討くださいね!!

淡路市での屋根修繕で棟木を撤去している様子
淡路市屋根修繕で棟板金を交換すべく、既存の棟板金と棟木をすべて撤去しました。

撤去作業が終わると一度屋根の上をキレイに掃除していきます。屋根を掃除する際に既存のスレート屋根にひび割れがないか確認し、もしひび割れが見つかた場合は「スレート屋根の差し替え」「スレート屋根のコーキング」で屋根修繕しておきましょう(=^・^=)

淡路市での屋根修繕で棟木取り付け

淡路市での屋根修繕で棟木を取り付けている様子
棟板金の下地となる棟木を取り付けていきます。

今回、淡路市の屋根修繕で使用する棟木は「杉の貫板」で屋根工事現場で幅広く使用されている棟木ですが、「防腐剤」が注入されたものを使用しました。

屋根修繕は原状回復ではなくグレードアップが目的なため、基本的に既存の建築資材より優れた物を使用して屋根修繕を行います。「防腐剤」が注入されていることにより棟木の劣化スピードを抑えることが目的です(=^・^=)
淡路市の屋根修繕で新しい棟木を取り付けた様子
棟木の固定は75ミリのビスを使用して既存の屋根下地にまでしっかりと打ち込んでいきます。

釘ではなくビスを使用することにより、台風などの強風に強くなり屋根修繕の回数を減らすための施工方法です。スレート屋根にビスを打つ際は、ひび割れしやすいため下穴を開けてビスを打つと安心ですよ!!

屋根の下地も棟板金の下地も、見えない部分ですが最も需要な部分なので手は抜けません(=^・^=)

淡路市での屋根修繕で棟板金取り付け

淡路市での屋根修繕で棟板金を取り付けている様子
仕上げ材となる「棟板金」を取り付けていきます。

棟板金はガルバリウム鋼板で出来ている為、錆に強く耐久性が長いため屋根修繕や新築物件などで多く使用されている材質です。棟版のジョイント部分にはコーキングを挟み込んで漏水を防止し、ステンレスのビスを使用することにより台風に強い棟板金を取り付けていきます。
淡路市での屋根修繕で棟板金を取り付けている様子
今回、淡路市で屋根修繕した屋根の形状は「寄棟」と呼ばれる4つの面が合わさって出来ている屋根です。

「寄棟」で取り付けられている棟板金には、必ずこのような「三又」部分があるため手慣れた職人の手作業によりキレイに合わさるよう加工して取り付けていきます。
「三又」部分のジョイントは特に漏水しやすいため、しっかりとコーキングを挟み込んで施工することが重要です。



淡路市での屋根修繕で棟板金の仕上げ

淡路市での屋根修繕で棟板金にコーキングを打っている様子
淡路市で行った屋根修繕の仕上げとして、棟板金の三又部分に仕上げとなるコーキングを施工していきます。

仕上げのコーキングのため、棟板金が汚れないようマスキングテープで養生していきます。
淡路市での屋根修繕で棟板金にコーキングを打っている様子
養生した棟板金の三又部分にコーキングを施工し、マスキングテープを撤去すると完了です。

三又部分は漏水しやすいためこのように上からもコーキングしますが、その他のジョイント部分は基本的にコーキングはしません。
淡路市での屋根修繕ごのスレート屋根の様子
淡路市での屋根修繕工事が完了しました!!

棟板金を交換することにより強風での飛散の心配を解消し、使用材料をグレードアップすることにより耐久性も長くなりました。屋根修繕で棟板金を交換することは台風対策になりますが雨漏り修理にはならない為、きちんとした屋根点検を行ったうえでどのような屋根修繕が最適かをご提案させていただきます(=^・^=)

屋根修繕は街の屋根屋さん神戸西店にお任せください!




同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市北区で劣化したスレート屋根を棟板金交換とスレート差し替えで補修しました

施工前築30年のスレート屋根
棟板金を新しくしたスレート屋根
工事内容
棟板金交換
足場
台風
使用素材
ケイミューコロニアルクアッド パールグレー 棟板金
築年数
30年
建坪
90平米
保証
3年
工事費用
10万 消費税込み 足場代別途

同じ地域の施工事例

施工事例

淡路市で屋根カバー工法を行いました。断熱効果の高い屋根カバー工法です。

淡路市屋根カバー工法の施工前の様子
淡路市屋根カバー工法施工後の様子
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドチャコール
築年数
40年
建坪
屋根面積130㎡
保証
15年
工事費用
150万 消費税、足場代含む
施工事例

淡路市で屋根葺き替え工事をしました。重たい瓦から軽い瓦へ

淡路市屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子
淡路市屋根葺き替え工事後の屋根の様子
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンオレンジ
築年数
40年
建坪
屋根面積70㎡
保証
15年
工事費用
120万 消費税込み 足場代別

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

既存のカラーベスト屋根の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は明石市で行った屋根修繕についてご紹介していきたいと思います。屋根の1番高い部分に取り付けられている「棟板金」を交換する屋根修繕ですが、強風で飛散しやすい理由と解決策をご紹介していきますね...........

棟板金が飛散して棟木が露出している様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区にて、強風で飛散してしまった屋根の棟板金を火災保険を使用して修理した様子をご紹介したいと思います。台風などの強風はで屋根や外壁などが破損した場合は火災保険が適応されるため、修...........

既存の屋根の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市須磨区で行った屋根リフォームの様子をご紹介したいと思います。経年劣化して色あせた屋根の塗装工事に伴い、強風被害にあいやすい棟板金を交換しました。【建物情報】・2階建て木造住宅・築年...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223