オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

淡路市で屋根葺き替え工事をしました。重たい瓦から軽い瓦へ


工事のきっかけ

築40年で既存のセメント瓦がかなり傷んでいたのがきっかけです。細かい瓦屋根のひび割れやズレなどもあり、長期的に長持ちさせるため軽くて割れにくいルーガへの葺き替え工事をご提案しました。

淡路市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
淡路市屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子
horizontal
after
淡路市屋根葺き替え工事後の屋根の様子

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
7日
使用材料
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンオレンジ
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
15年
工事費用
120万 消費税込み 足場代別
建坪
屋根面積70㎡
ハウスメーカー

淡路市、屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子

淡路市屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子
淡路市での屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子です。

既存の瓦屋根は「S瓦」という瓦屋根で、一般的な「和瓦」に比べて山が大きく洋風のお家に良く使用されている瓦屋根です。屋根材の中には土は入っておらず、棟瓦の中だけ土が入っています。

淡路市屋根葺き替え工事前の瓦屋根の様子
既存の瓦屋根は耐久年数を超えており、棟瓦に使用している漆喰が剥がれたり瓦屋根がズレている状態でした。瓦屋根のメンテナンス方法は様々ですが、部分的な補修では数年後に再度補修が必要になるため「屋根葺き替え工事」をご提案し着工させていただきました。

淡路市、屋根葺き替え工事 ①既存のS瓦撤去

淡路市屋根葺き替え工事で瓦屋根を撤去している様子
淡路市での屋根葺き替え工事スタートです!!

既存の瓦屋根を1枚1枚、職人の手作業で撤去していきます。撤去した瓦屋根が落下しないように工夫して仮置きしていき、細かいゴミなども近隣に飛散しないように袋に詰めていきます。
淡路市屋根葺き替え工事で瓦屋根を撤去した様子
屋根葺き替え工事では既存の瓦屋根を撤去することが第一ですよね。

重たい瓦屋根は相当な重量があり、今回の淡路市のお家の場合70㎡で約5トンの重量がありました。これに土が入っていれば重量は倍になります(>_<)

地震などの影響を受けやすいので、近年では屋根葺き替え工事で重たい屋根から軽い屋根に変えているお客様が非常に多いですね。

淡路市屋根葺き替え工事で瓦屋根を撤去した後の防水シートの様子
既存の瓦屋根を全て撤去し下に降ろしていきます。

瓦屋根を全て撤去したら防水シートが出てきます。防水シートは下葺き材ですが耐久年数があり、25年くらいすると破れたりすることがあり雨漏りすることがあります。瓦屋根の耐久年数よりも短いため、屋根葺き替え工事の目安30年くらいになりますね(=^・^=)
淡路市屋根葺き替え工事の既存の野地板の様子
既存の防水シートもキレイに撤去して野地板の状態にしていきます。

屋根葺き替え工事には基本的に既存の野地板の補強も含まれているため、下地補強をする前に既存の野地板の状態を把握するために防水シートも撤去するんです(=^・^=)

瓦屋根撤去後にブルーシートをかけている様子
屋根葺き替え工事は1日では終わりません。

瓦屋根と防水シートを全て撤去しキレイに掃除すると、ブルーシートをかけて雨養生していきます。1日1日の作業終了時には雨が降っても大丈夫なようにしてから帰ります。

万が一、屋根葺き替え工事中に雨漏りしても即座に対応し室内など被害を受けた箇所は全て修理させていただきますのでご安心ください!!

淡路市、屋根葺き替え工事 ②垂木取り付け

淡路市、屋根葺き替え工事で垂木を取り付けている様子
屋根下地を補強していきます。

写真に写るのは「垂木」と呼ばれるもので35ミリ角の赤松木材を使用しています。瓦屋根を葺き替える場合は毎回「垂木」を使用して骨組みから補強していくのが街の屋根屋さん神戸西店のやり方です。

既存の瓦屋根は重たいため、重さで既存の下地材がひずんでいることが多いので垂木を使用しています。
淡路市、屋根葺き替え工事で垂木を取り付けている様子
屋根葺き替え工事で使用する垂木は75ミリのビスで既存の垂木にしっかりと固定していきます。

表面に見える野地板にビスを打っても強度が出ない為、必ず既存の垂木に打ち込んで固定していきます。垂木を取り付けることにより下地の強度も上がり、更に空気層ができるため断熱効果も得ることができます。

淡路市、屋根葺き替え工事 ③下地用合板貼り

淡路市、屋根葺き替え工事で下地用合板を貼っている様子
取り付けた垂木の上から下地用合板を貼っていきます。

屋根葺き替え工事では定番の「針葉樹の12ミリ」を使用して32ミリのビスで垂木にしっかりと固定していきます。厚み9ミリの下地用合板もありますが分厚いほうが強度が高いため、毎回12ミリを使用して屋根葺き替え工事を行っています。
淡路市、屋根葺き替え工事で下地用合板を貼っている様子
今回、淡路市で屋根葺き替え工事をする屋根の形は「寄棟」と呼ばれる形で三角形の屋根が4つ合わさっている形状です。なるべく隙間が空かないように切断し施工することがポイントですね。


切断時は木くずが多く出るため、こまめな掃除や切断場所を考えることも重要です。私たちが行っている屋根リフォーム工事では常に近隣の方がおられるので、作業以外の気配りも大事だと思っています。

淡路市、屋根葺き替え工事 ④防水シート貼り

淡路市、屋根葺き替え工事で防水シートを貼っている様子
屋根の下地工事が完了すると、屋根葺き替え工事で重要な「防水シート」を貼っていきます。

防水シートには様々な種類があり値段や用途が異なりますが、今回使用する防水シートは「ケイミューのタフガード」です。値段は市販されている防水シートの1・5倍しますが耐久性は値段以上のものがあり「改質アスファルトルーフィング」というランクのものになります。

淡路市、屋根葺き替え工事で防水シートを貼っている様子
防水シートの貼り方は雨を漏らさない為にも間違えることは出来ません。

下から順番に重ねて貼っていき、ハンマータッカー(ホッチキスのようなもの)で固定していきます。雨水がよく集まる谷の部分などは何重にも重ねて貼ることが必要です。

屋根葺き替え工事では防水シートを貼った時点で雨漏りの心配はなくなりますが、大雨の前の日などは念のためブルーシートを掛けたほうが良いでしょうね。

淡路市、屋根葺き替え工事 ⑤瓦桟、棟金具取り付け

淡路市、屋根葺き替え工事で瓦桟を取り付けている様子
今回、淡路市で屋根葺き替え工事をしている屋根は4面ありますが、そのうちの2面は急斜面になっています。新しく葺く屋根材の規定にのっとり急斜面の2面に屋根材を引っ掛けるための「瓦桟」を取り付けていきます。

材質は人工木材で出来ている為、腐食する心配はありません。ビスを使用して野地板に固定していきます。
淡路市、屋根葺き替え工事で棟金具を取り付けている様子
棟際には仕上げ材である「棟瓦」を取り付けるための下地金具をビスで固定していきます。

屋根材を葺いてからでは取り付けが困難なため、先に仕込んでおくことが重要です。メッキ加工されている為、錆に強く安心して使える下地金具になっております。

淡路市、屋根葺き替え工事 ⑥ルーガ鉄平葺き

淡路市、屋根葺き替え工事で屋根葺きをしている様子
屋根葺き替え工事のメインとなる屋根葺きをしていきます。

使用するのは「ケイミューのルーガ鉄平」で多くのメリットがある近年流行りの屋根材です。

【ルーガの特徴】
・瓦屋根の半分の重さ
・セメント、樹脂、繊維などが合わさったハイブリット材で割れにくい
・色あせしないので塗装は不要
淡路市、屋根葺き替え工事で屋根葺きをしている様子
固定方法はケイミュー指定の釘を使用し、1枚当たり2本の釘で固定します。

瓦屋根の上と横に釘固定することにより、台風でめくれ上がる心配もなく近年の屋根葺き替え工事には最適な屋根材だと思います。

淡路市、屋根葺き替え工事で屋根を葺いた様子
新設屋根材であるルーガも屋根の端部は電動丸ノコで切断して、なるべく隙間が空かないように葺いていきます。

切断時は粉じんが多く出るため、切断場所をよく考え掃除機付きの電動丸ノコを使用します。全て葺き終わると屋根葺き替え工事の仕上げに入っていきます。

淡路市、屋根葺き替え工事 ⑦棟瓦取り付け

淡路市、屋根葺き替え工事で棟瓦を取り付けている様子
屋根葺き替え工事の屋根葺きの前に仕込んでいた棟金具に、人工木材である垂木を取り付け「乾式自在面戸」と呼ばれる粘着防水テープを貼っていきます。

この防水テープは屋根材が生み出す段差から雨の侵入を防ぐためのもので、既存の漆喰の代わりとなります。漆喰に比べ割れることや変色することがないためルーガ以外の瓦屋根でも使われることが多くなってきています。
淡路市、屋根葺き替え工事で棟瓦を取り付けている様子
防水テープである乾式自在面戸は屋根材としっかり粘着させるために、ローラーなどで押さえつけることをお勧めします。きちんと押さえつけて貼らないと数年後に剥がれてしまうことがあるので要注意です(>_<)

それと屋根材が濡れている場合はしっかりと乾かしてから施工しないといけません。
淡路市、屋根葺き替え工事で棟瓦を取り付けている様子
ここまでくると屋根葺き替え工事ももうすぐ完了です。

貼り付けた乾式自在面戸の上から仕上げ材となる「棟瓦」を被せていきます。材質は屋根材と同じで2本の専用ビスで人口垂木にしっかりと固定していきます。

端部は丸ノコで切断しキレイにすり合わせ、棟瓦の取り付け完了です!
淡路市、屋根葺き替え工事で下屋根施工
玄関上に小さな下屋根も瓦を葺いていたのでルーガに葺き替えました。

壁際などからも雨漏りしないようにきちんと施工し、既存のS瓦屋根とはずいぶん違った雰囲気の屋根へとなりました。

【工事完了後】

淡路市屋根葺き替え工事後の屋根の様子
既存の重たい瓦屋根を葺き替えることで、雰囲気の変わった明るい屋根になりました。
お客様のO様も屋根補修ではなく、思い切って屋根葺き替え工事をして良かったと大変喜んでいただきました。
屋根工事していただきありがとうございました!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三木市で経年劣化した瓦屋根を耐久性の高いルーガに葺き替えました

経年劣化した瓦屋根の様子
ルーガに葺き替えた様子
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンブラウン
築年数
40年
建坪
120㎡
保証
15年
工事費用
屋根工事200万 足場工事15万 その他の工事(波板、外壁塗装、軒天)100万 消費税込み
施工事例

神戸市北区で経年劣化した波板を撤去しポリカ波板を貼りました

劣化してボロボロになった波板の様子
ポリカ波板を取り付けてキレイになった様子
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
タキロン ポリカ波板 遮熱カットタイプ 色ブロンズマット
築年数
30年
建坪
20平米
保証
5年
工事費用
8万円 消費税込み
施工事例

神戸市北区で経年劣化した瓦棒を撤去し立平に葺き替えました

塗膜が剥がれたトタン屋根の様子
立平にカバー工法した屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
アパート
3階建て
使用素材
津熊鋼建 アーカイブ立平333 ブラウン
築年数
40年
建坪
屋根面積85㎡
保証
15年
工事費用
屋根工事105万 足場工事15万 消費税込み

同じ地域の施工事例

施工事例

淡路市で屋根カバー工法を行いました。断熱効果の高い屋根カバー工法です。

淡路市屋根カバー工法の施工前の様子
淡路市屋根カバー工法施工後の様子
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドチャコール
築年数
40年
建坪
屋根面積130㎡
保証
15年
工事費用
150万 消費税、足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

神戸市で行ったアスベスト含有屋根材の撤去処分前の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市で行った「アスベスト含有屋根材の撤去、処分」についてご紹介したいと思います。【皆さんもご存じのアスベストとは?】・アスベストは天然に産する繊維状の鉱物で「石綿」とも呼ばれていますね...........

神戸市垂水区で金属屋根葺きをした完工後の様子

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は、昨日ご紹介した屋根葺き替え工事の続きをご紹介します(=^・^=)補強した下地の上から金属屋根を葺き、断熱効果と耐震性を高めていきます。【金属屋根葺きの工事内容】・水切り取り付け・金属屋...........

神戸市垂水区で行った屋根葺き替え工事前のスレート屋根

皆さんお疲れ様です!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区で行った屋根葺き替え工事の前半部分をご紹介します(=^・^=)【屋根葺き替え工事内容】・既存のスレート屋根 撤去処分・下地用合板貼り・防水シート貼り本日、ご紹介するのはここま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223