オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

明石市で屋根修繕工事を行いました。瓦屋根の修繕方法とは?


皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。
今日は1日雨で工事ができなかったので、先日明石市にお住いのS様邸で経年劣化した瓦屋根の修繕工事の様子をご紹介したいと思います。
築45年の2階建て木造住宅に使用されていた屋根材は釉薬瓦と呼ばれる瓦屋根で、表面を釉薬で化粧した粘土瓦の事で「陶器瓦」とも呼ばれています。
おそらく今存在する瓦屋根の中では1番多く使用されていると思います。耐久性が長いと言われている瓦屋根の修繕工事とはどのようなものかをご紹介していきたいと思います。

<関連記事>

瓦屋根修繕工事の棟瓦積み替え!!

既存の棟瓦の様子
この屋根の1番高い部分に取り付けられているのが棟瓦です。
屋根と屋根の接合部分からの雨を防ぐ仕上げ材で、このようにのし瓦と呼ばれるこんにゃく板のような瓦の上に、冠瓦と呼ばれる半丸型の瓦が乗っかています。
この棟瓦ですが、地震や台風などには弱く修繕工事することが多くあります。瓦屋根の修繕方法は様々です。

・漆喰の打ち替え
・棟瓦の積み替え、積み直し
・地瓦のラバーロック
・瓦屋根葺き替え、葺き直し
・谷板金の交換
・のし瓦の積み替え、積み直し

<関連記事>
棟冠を撤去した様子
まずは天辺に取り付けられている棟冠を撤去していきます。
撤去する際、中に入っている土がぽろぽろと零れ落ちるので屋根の先端(軒先)に養生してなるべく家の下に土が落ちないよう工夫して作業していきます。
屋根修繕工事ではこのような住人・近隣さんへの配慮も大事なことです。
のし瓦と土を撤去した様子
次はのし瓦と中に入っていた土を撤去していきます。
昔の棟瓦は中に土を仕込んで、その上に瓦を葺き、隙間には漆喰を使用して仕上げられていました。工法自体は悪くないのですがどうしても経年劣化により、使用されている粘土土がすり減って瓦のズレや強風による飛散を引き起こします。
ですから瓦屋根本体の耐久性は長いですが、各部位の屋根修繕は定期的に必要なんです。

街の屋根屋さん神戸西店ではこのような屋根の点検調査を全て無料で行っています!!


棟金具と棟木を取り付けた様子
このように瓦屋根を撤去した後は棟瓦の下地を取り付けていきます。
700ミリ間隔で棟金具を取り付けて、その上に棟木を取り付けていきます。
今回の屋根修繕工事では土は使用しません。
棟木を取り付けた様子
高さを棟金具で調整して、棟木が真っすぐ通るように取り付けていきます。
この棟木が真っすぐ通っていなければ新しく取り付ける棟瓦も真っすぐ通りません。
屋根修繕には仕上がりを良くするための大事な工程ですね。
シルガードを打設している様子
この白いものがシルガードです。
シルガードとは南蛮漆喰の一部の商品名で、漆喰に防水性や強度が高くなるためのシリコン材が混ぜられたものです。簡単に言うと昔の粘土土+漆喰なので、施工の手間が半分になり耐久性は倍増する止水材です。
このシルガードで棟瓦と地瓦の間を雨からしのぐ重要な役割を果たします。色は白と黒がありどちらも屋根修繕では良く使われています。

棟瓦を取り付けている様子
今回使用するのは淡路瓦の棟瓦7寸丸です。
既存の棟瓦5寸丸に比べて、棟瓦の幅が約6センチ大きいことから、のし瓦が不要となり近年では多くの屋根修繕工事で使用されている棟瓦材です。
ステンレスのビスを使用して固定していきます。
棟瓦を取り付けた様子
この屋根修繕工事で良く使用されている、7寸丸棟ですがのし瓦を使用することなくビスで固定できることから、台風や地震に非常に強い「強力棟」とも呼ばれています。

棟瓦のジョイントにコーキングを打っている様子
更に強度を高めるために、棟瓦のジョイント部分にコーキングを打っていきます。
屋根の修繕工事でよく耳にするラバーロックと言われる工法で、瓦と瓦のジョイント部分をコーキングで連結させることにより屋根全体を1体化させて台風対策する工法です。

屋根修繕工事完了!!

棟瓦が新しくなった様子
経年劣化により棟瓦の中に水がまわっていた棟瓦が、屋根修繕工事をすることにより新しくなりました。
屋根葺き替え工事に比べると遥かに安価で工事期間も短く済む工法です。
しかし、屋根から雨漏りしている皆さん!!先々の事を考えると今回のような屋根の部分修繕より葺き替え工事をお勧めします。
屋根の部分修繕工事は雨漏りする前の予防工事と認識してもらえると幸いです。

どんな些細な屋根修繕でも街の屋根屋さん神戸西店はお力になりますので、まずはお問合せください!!

今日も1日お疲れさまでした!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市西区で劣化したカラーベストを差し替えて補修しました

施工前の割れたスレート屋根
差し替えたスレート屋根の様子
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミューコロニアルクアッド ウォルナットブラウン 雨押え板金
築年数
30年
建坪
60坪
保証
3年
工事費用
3万円 消費税込み
施工事例

播磨町で台風で飛ばされた棟瓦を積み替えて屋根補修しました

既存のモ二エル棟瓦
新設したモ二エル棟瓦
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
使用素材
三州棟瓦 7寸クールブラウン
築年数
30年
建坪
160平米 棟瓦50m
保証
5年
工事費用
屋根補修工事60万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

垂水区で経年劣化のた棟瓦の積み替えを行いました

施工前の屋根
棟新設した屋根
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
使用素材
淡路瓦 棟7寸丸 濃いチョコ
築年数
30年
建坪
70平米  棟24m
保証
5年
工事費用
屋根工事50万 足場工事10万 消費税込み

同じ地域の施工事例

施工事例

明石市でスレート屋根と、温水器の乗ったトタン屋根をカバー工法しました

劣化したスレート屋根の様子
カバー工法した金属屋根の様子
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
足場
3階建て
使用素材
IG工業 スーパーガルテクト シェイドブルー・津熊鋼建 アーカイブ立平 ネイビー
築年数
30年
建坪
80㎡
保証
15年
工事費用
屋根工事80万 足場工事20万 消費税込み
施工事例

明石市で台風の影響で飛ばされた波板を交換しました

割れて飛んだ波板
貼り替えた波板
工事内容
台風
使用素材
タキロン ポリカ波板 遮熱カットタイプ
築年数
30年
建坪
20平米
保証
10年
工事費用
6万円 消費税込み
施工事例

明石市で経年劣化した軽量瓦を新建材のルーガ雅に葺き替えました

経年劣化で傷んだ軽量瓦
ルーガに葺き替えた様子
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
ケイミュー ルーガ雅 モダン・レッド
築年数
45年
建坪
50平米
保証
15年
工事費用
屋根工事98万 足場工事13万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

劣化したスレート屋根の棟板金の様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は明石市で経年劣化したスレート屋根の棟板金を交換してきました。棟板金は屋根と屋根の接合部分から雨をしのぐために取り付けられている仕上げ材で、本棟、隅棟、差し棟など部位によって異なる名称を...........

天井が雨漏りでシミになっている様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は1日雨で現場作業はできなかったので、お家で加入されている火災保険についてお話させていただきます。ご存じの方も多いでしょうが、皆さんは所有物件のお住いに火災保険は掛けられていますか?ほと...........

既存の瓦屋根の様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は神戸市垂水区で瓦屋根の差し替えをしたのでご紹介します。今回の瓦屋根は釉薬瓦のS型でした!釉薬瓦は大きく和型とS型の2種類に分かれており、色あせなどがしない為メンテナンスが必要ないと思っ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223