オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

播磨町で台風で飛ばされた棟瓦を積み替えて屋根補修しました


工事のきっかけ

今回のきっかけは播磨町に在住のH様が、近所で工事していた他業者さんに「棟瓦がズレているから早く治さないといけない」と言われたことです。
H様は言われた通り、点検後に見積もりをもらったそうなのですが、あまりにも高額だったとか、、、
契約する前に、セカンドオピニオンとして、当社にお問合せいただきました。

播磨町 屋根補修工事,棟瓦取り直し,足場

ビフォーアフター

before
既存のモ二エル棟瓦
horizontal
after
新設したモ二エル棟瓦

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,棟瓦取り直し,足場
施工期間
4日
使用材料
三州棟瓦 7寸クールブラウン
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
5年
工事費用
屋根補修工事60万 足場工事15万 消費税込み
建坪
160平米 棟瓦50m
ハウスメーカー

良いご提案をするため屋根の調査をしました

施工前のモ二エル棟瓦
現地調査を行うため梯子を積んでH様のお家にやってきました。
ご挨拶をさせていただきお話を聞くと、先に来ていた業者さんのお見積もりを出してきて不安そうに「高くない?」と仰っていました。私たち業者は毎日のようにお見積もりを書いているので、工事の内容や大きさの数字を見れば大体わかります。
他社様は棟の積み替え工事のご提案。
長さは50m交換する計算で使用材料も一般的なものでした。足場工事代別で90万ほどでしたね、、、私の感覚からしても高いかなという感じでした。
実際屋根に昇らせていただき、屋根の状態を確認した上で棟瓦の積み替えをご提案させていただきました。台風の影響で棟瓦がズレて漆喰が剥がれていましたね。
安心保証付きでお安くさせていただきました!!

棟瓦を撤去していきます

棟瓦の中の土の状態
まずは固定してある針金(銅線)を切り棟瓦を撤去していきます。昔の工法で中から銅線を出し棟瓦に通して固定しているんです。銅線はほっとくと酸化して切れてしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。
棟瓦の中には大量の土が入っており、その周りを漆喰で固めています。漆喰はこの土を雨から守るために使われているんです。
取り付けた棟金具の様子
この土と漆喰も不要ですから撤去していきます。
棟と土だけでも50mあれば2トンダンプ一杯になりますよ!!丁寧に土をとっていかないと下にたくさん落ちてしまうので、少しずつ土のう袋に入れて下に下ろしていきます。
電動ウインチで降ろしていきますが、その際も崩れ落ちないように乗せて降ろします。
次は下地の金具を付けていきますね!

棟瓦の下地を作っていきます

棟金具の様子
こんな感じの金具です。既存の瓦を一時的に脱着し、土を少し取り除いて下地の木材にビスで固定します。
この金具はメッキ加工されており錆にも強く、高さも最大30ミリ調整できます。古くなった屋根は瓦の重みや下地材の腐食で、だんだん波打ってくるものです。ですからそれなりに下地を作るのではなく、この棟金具で高さをある程度揃えてあげます。大体700ミリから800ミリくらいの間隔で付けてあげれば、強度的にもばっちりです!!
棟木を付けた様子
次は先ほど取り付けた棟金具に棟木を取り付けします。一般的には45ミリ角の木材を使用しますが、近年人口樹脂材のハイブリット材(タフモック)を使っている所もありますね。タフモックは腐らないというメリットがあり、強度もそこそこあります。今度ご紹介しますね。
今回使用しているのは防腐加工した木材です。個人的にはやはり木材のほうが強い気がして、腐りにくい防腐垂木を使用しました。
棟木取り付け完了の様子
金具で高さをある程度揃えているので、垂木で微調整していきます。垂木がいがんでいると新しく付ける棟瓦もいがんでしまうので、要注意です!32ミリのビスでしっかりと固定し棟下地の完成です。

漆喰代わりのハイロールで雨からお家を守ります

ハイロールを貼っている様子
ここからは中に雨が入らないように、乾式面戸シートのハイロールを貼っていきます。もともとは漆喰を使い雨をしのいでいましたが、漆喰は割れたり剥がれたりすることもありメンテナンス費用が高くつくんです。
近年このハイロールで漆喰のかわりに使用することが増えてきていますね。しかし全ての瓦に適しているわけではないので、場合によってはシルガード(漆喰とセメントを混ぜたようなもの)を使用し雨を防ぎます。

貼り終えたハイロールの様子
下地の垂木にハンマータッカー(ホッチキスみたいなもの)で仮固定し、貼り付けていきます。かなり強力な粘着力があるので、1度貼ってしまうと中々取れません。ですから慎重に貼り付けある程度ラインを出してあげる必要があります。新しい棟瓦を被せた際に、ハイロールがはみ出ないように注意して貼っていきます。全て貼り終われば雨が降っても安心です。
棟瓦を取り付けている様子
今度は新しい棟瓦を取り付けていきます。残念ながら既存の瓦は廃版になっており、同じ色の棟瓦がありませんでした。なるべく似たような色を探したのですが、写真で見るとだいぶ違いますね、、、
実際はもうちょっと色が近いため、H様は納得してくれましたけどね。
取り付けた新設棟瓦
端部はグラインダーで切断し隙間なく取り付けていきます。固定方法はステンレスのビスを使用します。元々銅線で固定し酸化して切れていたので、今回は錆びずに強度の強いビスで固定しました。パッキン付きのビスを使用することにより、ビス穴からの漏水も防げます。

仕上げ作業に入ります

コーキングするための養生
棟と棟の接点にはシーリングで防水処理を施します。見た目をキレイにするためにマスキングテープで養生します。
シーリングした棟瓦
養生でマスキングテープを貼ったところにこのようにコーキングを打って仕上げます。

キレイに掃除をして完工です!!

新しくなった棟瓦
ようやく仕上がりですね。色は少し違いますが、漆喰を使わず強力な棟に代わりました。形も結構ややこしかったですが、やりがいのある工事でした。
棟も瓦の棟だけではありません。

下屋根の棟瓦の様子
下屋根はこんな感じです。壁際の板金(雨押え)に潜り込ませて元通りの収まりにしました!!棟瓦は屋根の中でも一番傷みやすく、メンテナンスが必要な箇所です。雨漏りなどする前に早めに点検・補修しましょう。
細かい土やゴミもキレイに掃除して完工です。

【工事完了後】

新設したモ二エル棟瓦
もともと銅線で固定されていた棟瓦。経年劣化や台風の影響でズレてしまい漏水や美観性を損ねていました。
既存の地瓦は手を付けず、棟瓦だけ積み替えることにより、費用を抑えH様に喜んでいただける工事ができたと思います。
次に屋根工事するときは葺き替えですよと冗談を言いながら完工書類を渡させていただきましたね。
メンテナンスを重ねて、1年でも長く安心して暮らしていただくように努めていきたいと思います。ありがとうございました!!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

神戸市西区で劣化したカラーベストを差し替えて補修しました

施工前の割れたスレート屋根
差し替えたスレート屋根の様子
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ケイミューコロニアルクアッド ウォルナットブラウン 雨押え板金
築年数
30年
建坪
60坪
保証
3年
工事費用
3万円 消費税込み
施工事例

垂水区で経年劣化のた棟瓦の積み替えを行いました

施工前の屋根
棟新設した屋根
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
足場
使用素材
淡路瓦 棟7寸丸 濃いチョコ
築年数
30年
建坪
70平米  棟24m
保証
5年
工事費用
屋根工事50万 足場工事10万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

既存の棟瓦の様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は1日雨で工事ができなかったので、先日明石市にお住いのS様邸で経年劣化した瓦屋根の修繕工事の様子をご紹介したいと思います。築45年の2階建て木造住宅に使用されていた屋根材は釉薬瓦と呼ばれ...........

劣化したスレート屋根の棟板金の様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は明石市で経年劣化したスレート屋根の棟板金を交換してきました。棟板金は屋根と屋根の接合部分から雨をしのぐために取り付けられている仕上げ材で、本棟、隅棟、差し棟など部位によって異なる名称を...........

天井が雨漏りでシミになっている様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は1日雨で現場作業はできなかったので、お家で加入されている火災保険についてお話させていただきます。ご存じの方も多いでしょうが、皆さんは所有物件のお住いに火災保険は掛けられていますか?ほと...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223