オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

垂水区で雨漏りを解決するためS瓦から金属屋根に葺き替えました


工事のきっかけ

インターネットからのお問合せでした。内容は何年か前から1階の台所に雨漏りがしているとのことです。既存屋根はS字型の釉薬瓦であちこちに割れや剥がれが出ている状態でした。お客様は築年数も40年ほど経っており屋根全体が重たく見える、ガタガタで見苦しいと悩んでおられました。現場調査をしたのちに、漏れている箇所の部分補修と長期保証が出せる葺き替え工事をご提案させて頂きました。加えて金属屋根に葺よき替えるほうが重たい感じもなくなり、耐久性も補修より圧倒的に長いですよとカタログを一緒に見ながら説明していく中で葺き替え工事を選んでいただきました。

神戸市垂水区 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
40年経過して重たく見えるS瓦
horizontal
after
仕上がり2

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
10日間
使用材料
IG工業 スーパーガルテクト シェイドグリーン
施工内容その他
築年数
40年
保証年数
15年
工事費用
屋根工事230万 足場工事15万 消費税込み
建坪
150平米
ハウスメーカー

初回点検の様子

経年劣化による漆喰の剥がれ
長年屋根を放置していたせいか、ほとんどの漆喰が割れたり剥がれたりしています。漆喰は中に入っている粘土土を保護する他、大切なお家を雨から防ぐための大切な部位です。雨漏りや、剥がれた漆喰が落下して2次災害になることもあるので、早めに対処しましょう!
経年劣化による瓦のズレ
過去の地震や台風の衝撃により瓦が全体的にズレてますね。昔の瓦の工法はほとんど釘で固定しておらず粘土土の上に並べて葺いています。ズレた隙間から雨が入ったり、風で下に落下する危険性が非常に高いので早めに対処しましょう!
瓦の中の様子
大体の漏れてる箇所が分かったので瓦をめくってみました。写真の通り長年の雨の漏水や地震の影響で中の土がほとんどなくなっています。瓦のズレや漆喰の剥がれが原因でこのようになってしまうんですね。写真ではわかりにくいですが防水シートも破れています。家の中に雨漏りがするということは防水シートが破れているのが原因です。今回の雨漏りを治すにはこの破れた防水シートを張り替えないといけません。

棟瓦の隙間の瓦が抜けている
この部分は漆喰が剥がれて屋根の瓦が抜け落ちています。この状態では雨が入り放題ですね。瓦を新しく差し替えて漆喰を塗ってあげないといけません。
排樋が風で飛んでなくなっている
ここに写っているのは屋根の上に転がしている雨樋です。風の影響で完全になくなっているのがわかります。このままでは大雨の時に鉄砲水のように飛び出し周りのお家に迷惑がかかっちゃいますね。

既存瓦と粘土土を撤去していきます

瓦をめくって粘土土の状態
今回はお客様のご要望により、葺き替え工事をすることになったので既存の瓦と土を全て撤去処分していきます。約150平米もの瓦と土ですのでかなりのボリュームです。2トンダンプ4台分にもなりました。撤去の後はどうしてもあちこち土や瓦の破片が散らばるのでなるべく散らからないように養生しながら作業していきます。作業終了後はブロワーやほうきでキレイに掃除し家の周りなど水で洗い流します。近隣に車が停まっている場合などはビニールの養生材をかけてあげるのも大事ですね。

意外と大事な下地工事

補強のための垂木
瓦と土を撤去した後は下地の取り付けに入ります。古くなった屋根の下地は波打っていたり腐って弱くなっているのがほとんどです。そのまま屋根を葺くと弱いので補強と不陸調整するための垂木を入れます。サイズは35ミリ角の赤松を使います。既存の垂木の上に重ねるようにはわし全て取り付けます。
垂木取り付け完了
取り付けに使うのは釘ではなく75ミリのビスを使います。少しでも強度をだすためのビス仕様です。不陸が悪いところには糸を貼りクサビをかましてなるべく高さがそろうように施工します。
切断は電動丸ノコ
取り付け場所によって長さはバラバラなので電動丸ノコで切断していきます。木くずが出るので休憩ごとの掃除は大事ですね。この垂木取り付け工事をキッチリやっていれば最終屋根の仕上がりもキレイに仕上がるので手は抜けません。
野地板貼り
先ほど取り付けした垂木の上に今度は下地用合板(針葉樹12ミリ)を取り付けていきます。垂木で高さをそろえているのでどんどん取り付けていくのみです。垂木と下地用合板が合わさることでしっかりとした屋根の下地が完成します。
野地板取り付け
固定方法は垂木と同じく、鉄砲釘ではなくビスを使います。鉄砲釘のほうが施工は早いのですがより強度を高めるための工法です。
下地用合板完成
全ての屋根に下地用合板を取り付けしました。これで踏み抜く心配もないですし、垂木で嵩上げし下地用合板を貼っているので間に空気層ができます。これにより断熱効果も見込めます。端部は電動丸ノコで切断し隙間なく埋め尽くします。作業終了後は同じく木くずが出るのでキレイに掃除します。下地工事はこれにて終了です‼

肝心な防水シート貼り

ゴムアスルーフィング貼り
今回雨漏りの直接的な原因となった防水シートを張っていきます。使用するのは日新工業のカッパ23。一般的なカラールーフィングと違い耐久性や強度がたかい商品です。値段も一般的なものに比べると少し高いですが長期保証が売りなので、全ての現場で使用しています。
重ねて貼ります
防水シートは本当に大事なものです。どんなに高級な屋根を葺いても必ず雨水が抜ける仕組みになっているので、防水シートで大事なお家を守ってあげます。下から横に転がしていきハンマータッカー(ホッチキスの針みたいなもの)でパンパン固定していきます。1段目と2段目の防水シートは規定通り10センチ重ねます。壁際は防水シートを立ち上げて吹き降りの雨の浸入もふさぎます。
防水シート完成
このようにすべての屋根に隙間なく防水シートを貼ります。隙間があると雨漏れするので要注意です!途中で雨が降ってきたりしても雨漏りの心配はありませんが形の複雑な屋根や傾斜のゆるい屋根は作業終了後にブルーシートを上から貼ってあげると安心ですね。

屋根水切り取り付け

スターター
次は新設屋根材を葺くための準備にかかります。今回は金属屋根を新しく葺きます。写真の板金は軒先水切りとスターターです。軒先水切りは屋根の先端から雨を防ぎスターターは後で紹介する屋根材の1段目をしっかりと引っ掛ける役目をします。どちらも材質はガルバリウム鋼板で錆に強いものです。
ケラバ水切り
これはケラバ水切りです。屋根の側面から雨を防ぐ役目を果たし仕上がった後も外観から見える化粧材になります。ですので雑に扱って傷やへこみが出ないように丁寧に取り付けます。
屋根葺き途中
いよいよ屋根を葺いていきます。新設屋根材はIG工業のスーパーガルテクトです。材質はガルバリウム鋼板で錆に強く以前の瓦と違い割れる心配もありません。屋根材の裏に厚み15ミリの断熱材もついている為、下地材の空気層に加え高い断熱効果が期待できます。メーカー保証も塗膜、赤錆などの
保証内容が15年以上ついている安心でお手頃価格の商品です。
屋根葺き
先に仕込んでおいたスターターに1段目の屋根を引っ掛けて固定し2段目以降は屋根材同士を引っ掛かけて葺き上がる仕組みです。ですから以前の瓦のようにズレたりとか浮き上がる心配は一切ありません。
葺き上がりました
屋根を葺いていく際はなるべく傷やへこみがないように手慣れた職人が責任をもって施工していきます。固定方法は下地同様ビスで固定し強度を高めます。足跡などもあまりつかないようにきれいな靴で作業したりなるべく新設屋根材に乗らないですむよう、それぞれ工夫してます。端部は下地材同様、電動丸ノコで切断していきます。切りくずなどが新設屋根材に乗らないように切断場所も考えて施工します。防水シートを覆いつくすよいうに全て葺き上げて完了です。作業後は必ずブロアーで屋根を掃除しもらい錆が出ないように気を付けます。

屋根仕舞い。棟板金、雨押え取り付け

壁際に下地取り付け
既存の壁際の板金(水切り)を撤去して新しく取り付ける水切りの下地を取り付けます。35ミリ角の垂木を既存の壁の柱にしっかりと固定します。
S__19152955-columns2
屋根材と水切りの間には吹き降りの雨を防ぐために15ミリ角の防水シーラーを貼り付けて屋根と水切りで挟み込みます。防水シートも立ち上げているので2重の防水です。
棟木取り付け
屋根の接合部分には棟板金を取り付けます。そのための下地材が棟木です。厚み16ミリ幅90ミリの木材わ使用し屋根との隙間には水切り同様の防水シーラーを挟み込みます。固定方法は75ミリのビスでしっかりと固定します。
棟取り付け
先ほど取り付けした棟木に棟板金を被せていきます。ジョイント部分にはコーキングを挟み込み止水します。固定方法は35ミリのビスでしっかりと固定します。棟板金は屋根の中でも飛散しやすい部位なので450ミリ間隔で確実に固定します。
仕上がり
一通り水切りや棟板金を取り付けしたら最後は各所コーキングを打って3度目の防水処理を行います。仕上げになるので見た目が悪くならないように養生テープでラインを出し施工していきます。
仕上がり2
最後は屋根全体をタオルなどで全面吹き上げ足跡や傷が残ってないか念入りに確認していきます。少しの傷はタッチアップ材を使用して補修しておきます。雨樋の中や家の周りにゴミやビスが落ちていないかも念入りに確認し屋根工事は終了です。

【工事完了後】

完工後
仕上がり
比較的複雑な屋根でしたし面積も大きかったですがやりがいのある仕事でした。お客様もほっとした表情でとても喜んでおられました!雨漏りも解決しよかったです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

三木市で経年劣化した瓦屋根を耐久性の高いルーガに葺き替えました

経年劣化した瓦屋根の様子
ルーガに葺き替えた様子
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平 色ストーンブラウン
築年数
40年
建坪
120㎡
保証
15年
工事費用
屋根工事200万 足場工事15万 その他の工事(波板、外壁塗装、軒天)100万 消費税込み
施工事例

神戸市北区で経年劣化した波板を撤去しポリカ波板を貼りました

劣化してボロボロになった波板の様子
ポリカ波板を取り付けてキレイになった様子
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
タキロン ポリカ波板 遮熱カットタイプ 色ブロンズマット
築年数
30年
建坪
20平米
保証
5年
工事費用
8万円 消費税込み
施工事例

神戸市北区で経年劣化した瓦棒を撤去し立平に葺き替えました

塗膜が剥がれたトタン屋根の様子
立平にカバー工法した屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
アパート
3階建て
使用素材
津熊鋼建 アーカイブ立平333 ブラウン
築年数
40年
建坪
屋根面積85㎡
保証
15年
工事費用
屋根工事105万 足場工事15万 消費税込み

同じ地域の施工事例

施工事例

神戸市垂水区で劣化して受け金具が錆び付いた雨樋を交換しました

経年劣化した雨樋の様子
新設した雨樋の様子
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
足場
使用素材
パナソニック アイアン丸105
築年数
30年
建坪
雨樋30m
保証
10年
工事費用
雨樋交換9万 仮設足場14万 消費税込み
施工事例

神戸市垂水区で劣化して剥がれているベランダ防水の工事をしました

劣化したウレタン防水
通気工法のウレタン防水
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
田島 オルタックエース
築年数
30年
建坪
30㎡
保証
8年
工事費用
防水工事25万 足場工事15万 消費税込み
施工事例

神戸市垂水区でベランダ上にあるトタン屋根が錆びていたので板金を貼りました

ベランダ上のトタン屋根の様子
工事完了後のベランダ屋根の様子
工事内容
雨漏り修理
足場
使用素材
津熊鋼建 アーカイブ立平333 月星カラーブラウン パナソニックPC50新茶
築年数
40年
建坪
ベランダ屋根7m×1m 破風板9m 雨樋7m
保証
10年
工事費用
ベランダ屋根・破風板・雨樋 一式 18万 消費税込み

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟木を取り付けている様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は天窓付き屋根葺き替え工事の仕上げ作業になります。屋根と屋根の接合部分に棟板金を取り付けて雨が入らないように仕上げていく工事です。棟板金は台風などで最も飛散しやすい部位なので、工程方法な...........

カラーベストを葺いている様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は昨日に引き続き神戸市垂水区で天窓付きの屋根葺き替え工事です。工事内容は昨日屋根下地を取り付けた上からカラーベスト(ケイミュー・コロニアルクァッド)を葺いていきます。既存の屋根材と同等の...........

下地用合板を貼っている様子

皆さんお疲れ様です!!街の屋根屋さん神戸西店です。今日は屋根葺き替え工事の屋根下地工事をご紹介します。先日経年劣化して傷んでいたカラーベスト(スレート屋根)を撤去した上から下地用合板を貼り防水シートを貼る工事内容です。屋根下地は仕上がっても...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら神戸西店にお問合せ下さい!
8時~20時まで受付中!!
0800-500-1223